Sympathy for the Devil

カテゴリ:HM/HR( 96 )




[161118] ロック御三家

a0028852_01542105.jpg

昔、「ロック御三家」と呼ばれるものがありまして
それは


QUEEN

KISS

AEROSMITH


の三つのバンドのことでした。
(「ミュージックライフ」的御三家・・・という言い方もありますね(笑))

わたし自身はこの3つのバンドはリアルタイムではなく
(この3バンドに影響を受けたバンドを聴いてくらい)
わたしたちより一個前の世代のバンドであり
その世代の方々のことを

QUEEN・KISS・AEROSMITH世代

なんて言い方をしてましたね。

・・・・・・

そんな「御三家」ですが
実はわたしはあまりガッツリ向き合ったことがなく
その御三家の前のTHE BEATLESやTHE ROLLING STONES、
ZEPやなんかはメチャクチャ聴いてましたが
この御三家に関してはちょっとつまんだ程度。
モチロン代表曲なんかは知っていますが
御三家よりもそのちょっと外側(?)の
CHEAP TRICKとかVAN HALEN、
あとJUDAS PRIESTやSCORPIONSの方に入れ込んでまして
そのまま特に機会もなく、こんな何十年も経ってしまいました。

それが最近になって
その「御三家」とキチンと向き合ってみよう
という気持ちになり
(CDで)持っていなかったアルバムを
チョコチョコ手に入れて
改めて聴き直しております。

こうして今の歳になって聴くと
いやはや新しい発見があって
楽しいものです。

まず素直な感想としては
やはり曲がいい!ということと
どれもライブパフォーマンスで
人気を獲得してきたグループですので
(あの多重レコーディングで名高いQUEENでもそうなのです)
演奏力(テクニックじゃないよ)が抜群だと
いうことですね。

そして後々のバンドへの影響力の高さが
ひしひしと感じられます。
(あーーここをあのバンドはパクったんだなーとか(笑))

しばらく勉強させてもらいますわ。

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
あくまのライブ/セッション・スケジュール
http://funkyakuma.exblog.jp/23026743/

★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2016-11-19 02:01 | HM/HR | Comments(0)

[160207] FREE 'LIVE!'

a0028852_13342799.jpeg


1971年リリース、FREEのライブアルバム。
*
昨日は急遽新中野弁天にて、こっしーさん/谷川史郎さん/松川純一郎さん主催のBlues Rock Sessionにて、ホストベーシスト的にお手伝いでした。
*
Paul Rogers大好きなこっしーさんが主催ですので当然、FREE/BAD COMPANYは必須科目なわけです(笑)なのでBAD COMPANYからは「Can't Get Enough」そしてFREEからは前半に「Fire & Water」、ラスト前に名曲「All Right Now」を演奏しました。
*
「All Right Now」といえば、わたしはこのライブ盤のバージョンになってしまいます。だって上京して19〜20歳の間、毎日のように聴いていたくらい愛しているアルバムなのですから。
*
そしてこの場にいらっしゃった方々もそれは同じだったようで、冒頭のベースの試し弾きのフレーズを入れれば「Hello!」と声が入り( ^ω^ )途中のベースのオブリを入れれば松川さんが爆笑w 最後の締めのベースのフレーズはタイミングが早い!と2回弾かされました(笑)
*
*
さて、そんな名ライブ盤たる本作。当時メンバー20代前半のハズなのになんなんでしょう、この円熟味のある味わい!編成的にはスカスカなのに、全然それを感じさせない「間の妙」。重〜いSimon Karkのドラミングに乗っかる、ウネウネと独特の間でくりだされるフレーズを絡めるベースのAndy Fraserと「泣き叫ぶ」という形容詞が相応しい痙攣するチョーキングのギターPaul Kossoffに、数々のボーカリストに影響を与えた名ボーカリストPaul Rogersのソウルフルな歌声が重なると唯一無二のFREEサウンドになるのでした。
*
聴きどころは、あまりにもカッコ良すぎる冒頭の「All Right Now」とワビサビ的しみじみとした味わいの「Be My Friend」。そして、かのアメリカン・ロックバンド「MR. BIG」のバンド名の由来にもなった、素晴らしいAndy Fraserのベースソロがフューチャーされた「Mr. Big」とライブ最後のKossoffの泣き叫ぶギターがたっぷり堪能出来る「Hunter」ーーなんてところでしょうか。
*
一夜明けて、久しぶりに聴き直しながら、また20歳の頃と同じ興奮を味わっております。これからも一生付き合っていくアルバムでしょうね。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2016-02-07 13:33 | HM/HR | Comments(0)

[160113] JAPANESE HEAVY METAL四方山話

a0028852_11418.jpg


先日、イエモンことYELLOW MONKYの再結成が発表されましたねえ。

で、わたしはイエモンというとどうしても「ムルバスとキラーメイ」と思ってしまうのです(笑)

それはJUDY AND MARYにしてもそうで、どうしても「プレゼンス(もしくはJACKS'N'JOKER)の恩田さんのバンド」というイメージになってしまいます。

・・・

上にあげたバンドーーーそれはどれも日本のHEAVY METALバンドたちです。

・・・

わたしが上京した当時は、日本のHEAVY METALシーンは初期(ラウドネス、アースシェイカー、44マグナム、浜田麻里など)〜次世代(アンセム、リアクション、サブラベルズなど)を経て、さらに次の世代(X、ZIGGY、デッドエンドなど)が台頭してきた時期でした。

当時入学した専門学校の先輩方がメタル率高く(笑)(わたしの世代はBOOWYに代表される「ビートロック〜パンク」系でしたね。)どちらかというと洋楽METALドップリだったわたしに日本のHEAVY METALバンドを色々仕込んでくれたのはこの先輩方でした。

日本のHEAVY METALシーンなんて、アングラな印象があるかもしれませんが、現X JAPANは言うに及ばず、ZIGGYなんかは通常のチャートに入り込んでましたし、最初に書いたように「元○○」みたいな人たちが現在も活躍したりしているのです。(B'zの2人もメタル上がりだし、「ビーイング」系は元メタルバンドが多いんです。TUBEもそう。)

20歳くらいのころはライブも見たりしてました。あこがれの目黒の鹿鳴館!!・・・がこの辺りの記憶が曖昧で、見たと思っていたバンドが実は違っていたとか(苦笑)後になって「アレって○○だったんだよ」なんて聞いて「エーー!もっとちゃんと見ておけばよかった!」と後悔したり。まあ、東京に来て、今まで雑誌でしかみたことがなかった世界に直接触れた興奮で舞い上がっていたのでしょうか。。。あのころは全てが変化した時期でしたからね。

音源は、当時は「インディーズで出して、それがヒットしてからメジャー」みたいな海外と同じ流れが日本にもありまして、先にあげました「X、ZIGGY、デッドエンド」なんて、モロにこの流れでしたね。Xのインディー盤なんて1万枚売ったらしいですから。当時は日本のロックシーン自体に「インディーズ」が定着してきた時期でした。デモテープとか作ったなあー(笑)

20代前半までの短い時期でしたけれど、あの時期の「匂い」は今でも自分の中にキチンと生きているのを感じます。

・・・

イエモン再結成の話から、ちょっと昔を懐かしんでみました。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2016-01-14 11:11 | HM/HR | Comments(0)

[160105] FOREIGNER

a0028852_19402380.jpeg

Lou Grammつながりで聴きたくなりましてFOREIGNER。

当初はイギリス人2名にアメリカ人3名を加えた編成だったのでこのバンド名になったとか。

当初は「渋さを抜いたBAD COMPANY」みたいな音でしたが、大ヒット作「4」あたりから産業ロック路線へ。その後メンバーは入れ替わりながらもでも現在も続いているようです。

全盛期の頃はバリバリのメタルっ子(笑)だったわたしは「軟弱者!w」(by セイラ)とほとんど興味がなく、結局後々になってベスト盤を買っただけですが、近年になってそのよさが分かるようになってきました。

とにかく曲がいい。計算された嫌味がないアレンジも光ります。このあたりはリーダーたるギターのMick Jonesの手腕なのですね。(でもこの人のギターが実はブルージーで好きなのです)

そしてPaul Rogers直系のLou Grammのソウルフルなボーカル。キャッチーなサウンドに熱いボーカルが乗るーーーというのがFOREIGNERの特色でしょうか。Joe Lyn Turner時代のRAINBOWなんてモロこの「FOREIGNER路線」でしたもんね。

個人的に好きな曲は「Head Games」「I Want To Know What Love Is」「Say You Will」「Double Visions」あたりですね。

ジャンクフードだと思っていたら、意外といい出汁使っていて味わい深かったラーメンーーーという感じのバンドでした。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2016-01-05 19:38 | HM/HR | Comments(0)

[160104] SHADOW KING

a0028852_14563169.jpeg

元DIO〜WHITESNAKE。現DEF LEPPARDのギターリストVivian Cambellが、FOREIGNERの名ボーカリストLou Grammと共に結成したバンド【SHADOW KING】の唯一のアルバム。1991年リリース。

よく行くお店で「自由に持っていっていいよー」と言われたCDの山の中から見つけたお宝。

レーベルはアトランティックだし、プロデューサーはキース・オルセン(WHITESNAKE etc…)と、かなり期待されて売り出されたグループだったと思うのですが、期待されたほど売れなくて解散。当時はよくあったスーパーバンドの末路を辿ったのでした。

でも、これが今聴くと内容はいいのです!VivianのギターはDIO時代のヒステリックな響きは鳴りを潜め、ブルージーなテイストを醸し出しながらセンスのいいプレイを聴かせてくれてますし(ここからDEF LEPPARDなら分かる)Paul Rogers直系のソウルフルな歌唱を聴かせてくれるLouのボーカルの素晴らしさは言わずもがなです。

曲も「I Want You」なんてすごくいい曲で、結果を急がされずあと2枚くらい出したら傑作作ってくれたんじゃないかーーなんて残念な気がします。

ロックが大きな産業だった時代の爪痕ーーみたいな一枚ですね。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2016-01-04 14:54 | HM/HR | Comments(0)

151022:素直なオトナ

 外出時にはiPhoneで音楽を聴いているのですが、最近は「ジャンル」だけ選択して、それを頭から聴いていっています。

 こうすると、現状のiPhoneでは「アルバムタイトル順」に再生されるため、結構予想出来なくて、アルバムが切り替わるごとにいちいちオオオ!!とのけぞったりして楽しいものです(笑)

 そして、今はHard Rock/Heavy Metal系がお気に入り。

 例えば僕のiPhoneだと順番的に

a0028852_15215813.jpg


 ・Aerosmith's Greatest Hits / Aerosmith
 ・…And Justice For All / Metallica
 ・Angel Cry / Angra
 ・Appetite For Destruction / Guns N' Roses
 ・Back For The Attack / Dokken
 ・Back In Black / AC/DC
 ・Back To Mystery City / Hanoi Rocks

 ・・・・

 こんな感じ。

 そして自分で言うのもなんですがーーーイイ音、持ってるな〜と(笑)

 家に帰っても「WINGER」とか「BLACK 'N' BLUE」とか(笑)聴いちゃってまして。完全ロックモードですね。

 現在の自分の音楽活動の範疇からは離れたジャンルですから、そんな熱中することもないのですが、でも歳をとるごとに「好きなもんは好きなんじゃ!」と開き直ってーーーいや「素直になる」と言いましょう★ーーーきているので、嬉々としてロックなアルバムたちを楽しんでおります。

 今夜は「HEART」でも聴こうかなー(^ー^)


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-10-23 15:22 | HM/HR | Comments(0)

151002:【読音】‎Triumph‬ / Stages

a0028852_14584138.jpg


もう少しだけ鉄分追加。
カナダのロックトリオ、トライアンフのライブアルバム。
Rick Emmettの多彩なテクニックを駆使したギターが最高です。
(日本では人気なかったけど)


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-10-02 14:57 | HM/HR | Comments(0)

151002:【読音】Pantera / ‪Vulgar Display‬ ‪Of‬ ‪Power‬

a0028852_14551123.jpg


鉄分補給。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-10-02 14:53 | HM/HR | Comments(0)

150603:飛ぶルート弾き~Bob Daisley

a0028852_15121180.jpg


Bob Daisley(ボブ・ディズリー)

興味ない人には
誰それ?って感じだと思いますが
HARD ROCK/HEAVY METAL業界では知る人ぞ知る
名ベーシスト。

数々の名ミュージシャンを排出した
RAINBOW塾(笑)卒業生。
(「Long Live Rock'n'Roll」だけだど)

その後OZZY OSBOURNEの超名盤
(というかHARD ROCK界の名盤)たる1st他
OZZYのアルバムでの名演で有名に。

彼もCozy Powellなんかと同じ
俗に『渡り鳥』と言われる
バンドを渡り歩くミュージシャンだけれど
彼らに共通するのは
「絶対自分の印は残す」という部分。
音、フレージングを聞いただけで
「ああー」と分かってしまう
強烈な個性を持っている。

彼の場合のそれは
ポール・マッカートニーのハード版的
メロディアスによく動くフレーズ
(あの高速のハイノートのオブリ!)と

もうひとつ自分が好きなのが

ベースが入った瞬間に
「ドキューーン!」という音がきこえてきそうな
自分が「飛ぶルート弾き」と呼んでいる
ドライブ感溢れるルート弾き!!

例えばOZZYの
ザック・ワイルド初参加のアルバム
No Rest For The Wickedから
「Miracle Man」

a0028852_15124420.jpg

https://youtu.be/j34juXrJWqw

※PVに映っているのはギーザー・バトラーだけど。

あと、自分も大好きなアルバム
GARY MOOREの名作Wild Frontierから
「Over The Hills And Far Away」

a0028852_15125679.jpg

https://youtu.be/UlZvGW-CWUw

この高速のピッキングから
くりだすハイノートのオブリとか
「ボブ・ディズリー印」がクッキリ残る1曲。

特にこのアルバムは
ドラムは生ではなく
ドラムマシーンが使われているのだけれど
ボブのベースのドライブ感が
それを感じさせない。

またプレベの音色が素晴らしい!

HARD ROCK業界だけでなく
もっと広く認知されてほしい
名ベーシスト、Bob Daisley。

昨日、Wild Frontierを聴いてて
強くそう思ってしまった。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-06-04 15:14 | HM/HR | Comments(0)

140731:人妻との別れ〜Into The Arena

◎我が家にこんなベースがありました。

a0028852_10115234.jpg


◎ギブソン・エクスプローラー・ベース。

◎エクスプローラー自体、特異なベースですが、ギブソンのものとなると2年間しか作られていないそうで、非常にレアなものでした。

◎そして、実はこれは僕のものではなく、元々はランタンSBCのホストでおなじみのマーベラス田中氏の所有物。

◎それを当時、【横浜秘宝館】(笑)というバンドを一緒にやっていた僕が、その横浜秘宝館でのメインベースとして使うという約束で、里子に出してもらっていたものでした。

◎見た瞬間に「ハッ!」っと声が出たのはこのベースだけです(^ー^)

◎で、人のものだったので、僕のメインであった「本妻」と呼ばれていたプレベに対して「人妻」と呼んでいたわけです(苦笑)

◎形はアレですが、実は音は非常にオールマイティーな音でして、ピック弾きでも2フィンガーでも、そして意外やスラップも独特のいい音がして、しかも弾きやすいという奇跡のベースで秘宝館のライブでは大活躍!仙台の遠征なんかにも持って行ったよき相棒だったのです。

◎そんな人妻ですが、秘宝館の活動が滞ってしまった近年は出番もなく、中々一緒に出歩く機会がありませんでした。

◎なので、要望もあって今日・・・・お別れしてきました。

◎本当は買い取ろうとしていたのですが、急にレコーディング機材を購入しなければならなくなったため、費用が足りなくて泣く泣く。。。

◎お金があったら、一緒になれたのにーーーね。

◎せめて次の場所で幸せになって欲しいな。。。

◎そんなエクスプローラー・ベースで思い出すベーシストは、The Micheal Schenker Groupのベーシスト、クリス・グレン!

◎高校生時代、アルバムの裏ジャケに写る彼のベースを見て「オオ!」と思ったものです(笑)

a0028852_10383574.jpg


◎そんな彼の代表的な演奏。


a0028852_1039124.jpg

<The Micheal Schenker Group / Into The Arena>


◎モチロン、ライブバージョンで★

◎またベースソロがカッコよかったんだよ。

◎エクスプローラー、また・・・・出会えたらいいね。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2014-08-01 10:41 | HM/HR | Comments(0)

Bassistあくまの日々をぶっちゃけ
by funky-akuma
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

CONTENTS

【Profile】
下北沢在住Bassist。
Soul/Funk系中心ですが
タテでもヨコでも
ノリはおまかせ!
ってな感じで
好きなものなら
何でもOK!な
単細胞ミュージシャン。

【あくまの音楽履歴】
http://funkyakuma.exblog.jp/13731219/

***********
mixi:
ID=363119
HNは【あくま】です★

Twitter:
http://twitter.com/funkyakuma

Facebook
http://facebook.com/funkyakuma

以前の記事

2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

最新のコメント

ええええ!!そうなんです..
by funky-akuma at 12:29
うちの相方も、先日、手術..
by 赤めがね at 20:01
きよぴーさん。 コメン..
by funky-akuma at 16:00
ご無沙汰しておりますm(..
by きよぴー at 13:03
貴重なお話ありがとうござ..
by funky-akuma at 11:58
お疲れ様です。本日「O」..
by kuroneko-st at 08:42
コメントありがとうござい..
by funky-akuma at 13:55
こんにちわ。 本店。 ..
by さらパパ at 14:13
おーーかえるちゃんも!!..
by funky-akuma at 02:34
わ〜♪ 私も今年でブロ..
by かえる at 02:47

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
早朝ライブ
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの9月
from まさぼうの「つれづれてます」
トラ してまいりました
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの6月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの4月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの1月
from まさぼうの「つれづれてます」

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧