Sympathy for the Devil

<   2011年 08月 ( 34 )   > この月の画像一覧




ワタシの音楽遍歴【あくま編】その15

その1:http://funkyakuma.exblog.jp/13339307/
その2:http://funkyakuma.exblog.jp/13340001/
その3:http://funkyakuma.exblog.jp/13344947/
その4:http://funkyakuma.exblog.jp/13345683/
その5:http://funkyakuma.exblog.jp/13349299/
その6:http://funkyakuma.exblog.jp/13352156/
その7:http://funkyakuma.exblog.jp/13361612/
その8:http://funkyakuma.exblog.jp/13365524/
その9:http://funkyakuma.exblog.jp/13371341/
その10:http://funkyakuma.exblog.jp/13373702/
その11:http://funkyakuma.exblog.jp/13382466/
その12:http://funkyakuma.exblog.jp/13402337/
その13:http://funkyakuma.exblog.jp/13408631/
その14:http://funkyakuma.exblog.jp/13412181/


******************


それではSBC以外のセッション履歴〜。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●SBC B-side(第一期)2006.5月〜2007.4月

その昔、南青山にあった『mike's Paradise』っていうお店で
やっていたSBCの番外編セッション。

番外編というのは
この時期のランタンSBCというのが
異常に混んでいて(あそこに70人くらい来たことも。。。)
われわれホスト陣も捌くのに、いっぱいいっぱいで
『もっとゆっくりセッション楽しみたいねー』という願いから
ちょうど塾長に話のあったこのお店でのセッションに乗ったという形。

狭いお店で、しかも短期間でしたが
数々の伝説的セットを生み
(黒猫さんの『電話芸』もここが最初じゃなかったかな?w)
非常に内容の濃いセッションでした。
(ムトウさんに初めてお会いしたのもココ)

でも、元々里村塾長にセッションを依頼した
オーナーの方が突然お亡くなりになり。。。
それによって最終的にはお店も閉店になりまして
このセッションは終わってしまいました。。。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●SBC B-side(第二期)2007.6月〜2009.11月

南青山のセッションが終わるとすぐのタイミングで
わたしの尊敬するベーシスト、タニヤンさんから依頼があり
四谷三丁目のソケース・ロックでまたセッションを始めました。

今度はわたしと伊勢くん中心で。

他のホストメンバーは
鍵盤には家が近いというのもありw
かわしまくんをお願いして
ドラムは途中まで稲田一郎くん。
その後はタツくんこと武井達朗くんにお願い。
ギターは途中までSEKIくんでした。

軽い気持ちで始めたセッションでしたが
今だから言いますけど、毎月の運営は中々大変で(苦笑)
集客のプレッシャーと戦いながらの毎月の開催でしたね。

それでも約2年半続けましたヨ。

でも、わたしの方が疲れてしまい
お店にもこれ以上迷惑かけらないから
(やっぱり商売だからね)
2009年の最後のセッションを機に
スッパリと辞めさせてもらいました。

ここでも色々出会いがあったけれど。。。
当分、自分主催のセッションはイイヤーというのが
正直な気持ち(笑)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●さちこJAPAN(BIN SPARK期)2008.9月〜2009.6月

今も続く人気のセッション【さちこJAPAN】!!
毎月第一水曜日の開催。

SOUL/FUNK/BLUES/JAZZセッションと言っているように
ランタンSBCよりもさらに自由に
ゆったりとしながらも、キッチリセッションは出来る
そんな場所になってます。

さっちゃんに会ったのは・・・たしか、2005年に
岸田高明くんっていうシンガーソングライターの男性の
ライブを学芸大だかのレストランでやった時に見かけて。
(この時のギターがアイカちゃんだった。当時から今みたいでしたヨ。)

それから数年経ったある日
Yanmoさんがホストやってた
立川のCrazy Jamのセッションに『遠征パトロール!』
と意気込んで行ったら、そこでホストドラマーがさっちゃんで
その時に改めてあいさつ。マイミクにもなり。

それからまたしばらくして
突然、メールをもらって
『西荻窪のBIN SPARKというお店でセッションをやっているのですが
そこでホストベーシストをやっていただけませんか?』
という依頼。ちょうど空いていたので2つ返事でOKして・・・
それ以来、ずっとやらせてもらってます。

当初のホストはさっちゃん/わたし
ボーカルでmiwa*ちゃん/ギターで清野くんでした。

BIN SPARKってのは
狭いながらも、なんか『スペシャル』なお店で(笑)
歌うは・躍るは(それはオレか!(爆))で大盛り上がり。
30人くらい入って酸欠になりそうになったりしてましたねえ。

でも、お店の経営形態の変更で
(カラオケバーになっちゃったのかな)
惜しまれつつセッションは終了・・・となってしまいました。

ちなみに【さちこJAPAN】っていう名称は
わたしが参加して初めてのセッションの終わり際
ちょうどその時期、女子ソフトボールがオリンピックで
金メダルを取った時だったのに掛けて

『さちこJAPANは無事!金メダルとりました!!』

っとさっちゃんが叫んだことに由来します(笑)
でもこの辺が、わたしも一目置く
名MCさっちゃんのセンスの良さですね。

で、BIN SPARKでのセッションは終わってしまったのですが
そこはさちこ監督(笑)すぐさま高田馬場Diglightへの
移籍の話をとりつけて、そのままの形で今のDiglightへと
移ることになったのです。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●さちこJAPAN(Diglight期)2009.7月〜現在

そのままの形で移籍を無事終えたさちこJAPAN。
それからもう2年も続いてるんですねー。早い。

場所が変るとお客さんも若干変わり
BIN SPARK当時からの常連さんは
白鳥さんとか生田さんくらいかなー。
でも、楽しいのは相変わらずデス!!

ホストは長い間変らなかったのですが
まず清野くんが卒業。
次に下ネタ大王:やまきょうに入ってもらいましたが
やまきょうも忙しくなって卒業。
加えて長らく『女王』として君臨していた(笑)
miwa*姫も自身の活動のため卒業。

現在はさっちゃんとわたし、そして
それまでは不定期で参加してもらってた
アイカちゃんを正式にホストに迎えまして
やらせてもらってます。

知り合いに『セッション行ってみたいんだけどドコがいい?』
って聞かれたら、まずココを勧めてます★


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●伊勢賢治セッション 2009.4月〜現在

ドSの殿堂、伊勢賢治セッション@歌舞伎町Golden Egg。
毎月第二月曜開催。
ランタンと同じくSOUL/FUNK系中心ですが
こちらはインスト/バトル系が多い傾向。
でも、ホントは歌ものも得意です。

ホストはSax&moreは伊勢くん/鍵盤にまさぼう/Drは森下潤
そしてわたしと、要するにスパジャムのリズムセクション。

元々は伊勢くんが単独で始めたものに
後からわたしたちが入って行った形。

ここは・・・ホントひねくれてて(苦笑)
スタンダードな定番曲も
『カメレオン・・・を』とか
『チキン・・・なんだけど』のように
普通の形じゃーーまずやりませんw

あと、Stand By Meをワンコーラスごとに
半音づつキーを上げていくように
ボーカルまでイジります(笑)

禁断の言葉は

『何でもいいです』

それは言っちゃダメーーーー!!!(爆)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●Y2 BLUES SESSION 2010.4月〜現在

主催者が一番リスペクトされないセッション(笑)
Y2 BLUES SESSION@歌舞伎町Golden Egg。
毎月第二金曜日開催。

Y2こと吉野とは
共通の知り合いで『たっつあん』という
上手いんだけどハートの弱い(爆)ベーシストがいて
彼はそこのたっつあんのバンドでギターを弾いていて
それでランタンに来たことがあるそうで。

その後、ムトウさんたちとやった
『Micheal Jackson Tribute Live』の時、見に来てくれて
その打ち上げの時に初めて話しをして。

それからなんだかチョコチョコ合う機会があって、ある日
Hmble Pieのカバーバンドのベースのトラを急遽引き受けてから
ちょっとライブやりましょうか、みたいな話をもらって
ボーカルYuko/Gは吉野/Drはまりっぺ/鍵盤に破魔矢nさんで
荻窪ルースターノースサイドでライブ。

ちょうどそのライブの時期にこのブルースセッションの話がきたので
そのままそのバンドのメンバー(破魔矢nさん以外)で
ホストとしてセッションを開催することになり、現在に至る・・と。

現在はボーカルYukoは卒業して3人ホスト体制。

まあわたしはブルースというよりSOUL/FUNK系
もしくはBLUES ROCK系。
まりっぺもBLUES ROCK系なので
よく中央線沿線にあるような(^^)
ブルースセッションからはハズレた感じかも。

でも逆にBLUES入りたての人でも
バリバリ専門な人でも
それなりに お相手出来るので
そういう意味では間口の広いセッションですね。

あとはY2吉野の話芸とキレ芸をお楽しみいただきたい(^^)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


他にも単発/短期で色々セッションホストはやらせてもらいました。
(西荻窪Clop Clopとかアコアトとか)
セッションは好きなので、話をいただくのは嬉しいですねー。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


セッションホストっていうのは意外と弾かないもので
待つのが仕事のときもあります。

でも、ホストの演奏というのは
そのセッションのレベルを決める大切なものなので
いざ!弾く時はビシっとキメなければいけない
・・・野球で言ったらクローザー(抑え)
もしくは代打の切り札的なものでしょうか。

あと、たくさんの出会いがあること
そこでの出会いを生かせるかどうかも
セッションホストの力量ですかね。

目下悩みは、自分のセッションに忙しくて
人のセッションに行って学ぶ機会が少ないこと。
でも、出来るだけ時間は作りたいなと思ってます。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


さあ!!

長く、長〜〜〜〜〜く続きましたこの履歴も
次でそろそろエンディングに向かいたいと思います!!
イエーーーーイ!!!!


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-31 22:30 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その14

その1:http://funkyakuma.exblog.jp/13339307/
その2:http://funkyakuma.exblog.jp/13340001/
その3:http://funkyakuma.exblog.jp/13344947/
その4:http://funkyakuma.exblog.jp/13345683/
その5:http://funkyakuma.exblog.jp/13349299/
その6:http://funkyakuma.exblog.jp/13352156/
その7:http://funkyakuma.exblog.jp/13361612/
その8:http://funkyakuma.exblog.jp/13365524/
その9:http://funkyakuma.exblog.jp/13371341/
その10:http://funkyakuma.exblog.jp/13373702/
その11:http://funkyakuma.exblog.jp/13382466/
その12:http://funkyakuma.exblog.jp/13402337/
その13:http://funkyakuma.exblog.jp/13408631/


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


あーーやっとここまで来た!!(^^)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●びゅーちふるず

今のわたしの重要なバンドの一つ
日本一のハッスルサラリーマンバンド
【びゅーちふるず】

http://www.byu-chi.com/


Vocal : 桜 チョメ吉(さくら ちょめきち)
Guitar/Cho : 腹痛 純(はらいた じゅん)
Bass/Cho : 井矢志 マス夫(いやし ますお)
Drums : 野良里 蔵之介(のらり くらのすけ)
Tb. : 御方井 ひとよ(おかたい ひとよ)
A.Sax : 赤渕 きらり(あかぶち きらり)
T.Sax : 真戸口 ここよ(まどぐち ここよ)
Key/Cho : 唐田 春男(からだ はるお)
OL Dancer : 和影 到(わかげ いたり)
OL Dancer : 麦 ふみえ(むぎ ふみえ)


びゅーちは最初はTbマキコちゃん
がサポートしているバンドという認識で
実際、渋谷のasia-pでGREAT JELLY BEANSと
対バンでやったライブをお客で見てました。
(『モンチッチ』を出した頃だったかと)

その時は『キャラの濃いボーカルのバンドだなー』と思ったw
でも同時によく通る歌声も印象的でした。

あと、クロコダイルで当時のびゅーちのホーンセクション
『時々ぷりちーOL's』の単独ライブがおこなわれまして
それにRIKOたちが出るというので見に行ったら
やっぱりピンクの貴公子(チョメ吉くん)と当時のベーシスト
荒熊社長がゲストで出てきて『あー!びゅーちふるずダー!』
と思った記憶が。

でもそれから見る機会もなく
マキコちゃんにも会う機会もなく
3~4年経ったある日
マキコちゃんから電話が。

『あのさーあくまくんさー、びゅーちふるずでベース弾いてくんない?』

・・・・エッ!?!?
だってびゅーちふるずのベースって社長じゃない?

ところが、その社長が辞めてしまうとのことで
あの濃い(ホントに濃かった)キャラの後で
ベースだけじゃなく、歌って踊ってしてくれそうなのは
わたししかいなかったそうで(まあキャラは確かに濃いけど)
わたしも興味があったので(だって・・・面白そうじゃない?w)
2つ返事でOK。

でも、今だから言えるんですが
この時はとりあえず年末のライブ1本と年明けの山梨ツアーの1本
だけという話だったんですよ。

でも入ったら・・・まあわたしにも合っていたのでしょう(^^)
すっかり馴染んでしまい
そんな2本だけなんて話は
どっかにすっとんでしまったのでした。

その後、前の鍵盤さんとメンバーがもめた時
そのもめてる状況を見ながら、まさぼうにメール(笑)
鍵盤にまさぼうを引っ張ってきたり
SAXが一人参加出来なくなった時
実穂ちゃんを引っ張ってきたりと
わたしのミュージシャン・ブローカーの腕を使って(^^)
メンバーの大幅補強。
また2人とも大活躍しているので
今は強力な布陣になっていると思います。

ちなみにわたしの芸名は
まず会った時に『あーもうなんか部長』
みたいな感じでまず役職が決まりw
結局、笑顔が癒し系ということで
『井矢志マス夫』に決まったのでした。

でも本来は『ドS』なのに・・・(苦笑)
そのギャップに未だに苦しんでます(爆)

初の参加が2007年の12月ですから
今年の年末で4年になりますか。早いなあー。
そして来年はバンド自体が10周年!
まだまだ続けたいバンドですネ。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


●tresor

これも避けて通れませんねー(^^)

【tresor】

(Vo)えりこ
(EG)あべゆうき
(AG)ぢゅん
(Key)川辺友里絵
(Dr)asmin
(T-Sax)Dice
(Tp)ヨーヘイ
(Sax & PC)tpeco
(B)あくま

<Guest>
(Tb)あややん
(Vo&Cho)Mako

※2011年8月現在

ドS系オシャレPOPSバンド
(※個人的見解(笑))

【tresor】(トレゾア)

事の発端(?)はたぶん
asminに頼まれて弾いた『ユーミンセッション』
(『14番目の月の会』だったかな)
この時、『こういうのも弾けるんだ』と思われたのか(^^)
(これはわたしの憶測ですw)
その後、たしか、うでぃのリハの帰り際とかに
『これこれ、こういうことするバンドをやろうと思ってるんだけど
ベース弾いてくれない?』と言われ
そこで出て来たアーティストの名前は知らなかったけれど(苦笑)
(いまだに・・・よく分かってません(笑))
asminの話ならーーと乗った次第。

当初はえりこちゃんとあしまみちゃんのツインボーカル体制。
メンバーもホーンセクションは無くて
ギターもあべくんだけの小編成。
(だって新宿のCrawdaddy Clubに乗ったんだもの)

2ndライブで、ツインの相方がまーちゃん(まさぼう)に。
ここでゲストとして、アコギ担当ぢゅんちゃん登場。
ぢゅんちゃんはtresorを気に入ってくれたらしく
その後、そのままメンバーに。

そして3rdライブでホーンセクション登場!
プラス、KY担当・・いや(爆)Perでキセンも。
これで豪華な現在の基本形が出来上がりました。

でも、まーちゃんはこの回で卒業。。。
(ボクが口説く前に・・・(爆))
その後は『えりこちゃん+ゲストボーカル』の体制に変化。
それはえりこちゃんの急激な歌唱力の向上によって可能になりましたね。

そして、この時の打ち上げから、『ゾア飲み伝説』が・・・。

4thライブはジーナちゃんとmiwa*姫の『ミワミワ』コンビを
ゲストに、時には豪華トリプルボーカルで。
ここからあべくんのオリジナルも登場し始める。

5thライブは引き続きジーナちゃんを迎えて。
ジーナちゃんには短期間で難しい楽曲をこなしてもらって
助かりました。

ここでキセンが寿退社(苦笑)
いつでも戻ってこいヨ!!!

6thと7thライブではボーカルになおりんごちゃん
TbにあややんのLoop On Poolのお二人をお迎え。
あややんが入って急に色めきだつ、分かりやすいホーン陣(笑)
りんごちゃんには歌声もさることながら
バンドの空気の面でも貢献してくれて(コレ大事)
笑顔2割り増しのリハやライブになりましたね。

そんなtresor、現在8thライブに向けて徐々に準備中。
まずは最初の飲み会から(笑)といったところです。

始めるときはこんなになるとは思っていませんでしたが
とにかくメンバーの人間性・・これにつきますネ。
わたしなんかは『畑違い』だと思うんですけど
それでも続けてこれてるのは
楽しいメンバーのお陰です。

この場を借りて・・・ありがとう!!
でも、もう『駅』で5,000円は払わないゼ!!!!(爆)


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


ライブは他にも単発、短期でたくさんやらせてもらいました。

思いつくとこだと・・・

ショウタさんのUnchained Soulとか
マユちゃんとのLovetide。
黒猫さん企画の『歌会』
みほりんとの、みほBAND。
岡部達也さんとGolden Eggでやったヤツとか
さちこJAPANホストメンバーでやったライブ。
(miwa*ちゃんが素晴らしくよかったヨ)
大人のR&BやったDrysherryとか
念願叶って破魔矢nさんと出来たYuko BAND(?)とか
あと、毎年夏と年末恒例になりつつあるテツジャガーズ★
レゲエもやったし、JAZZもやった(苦笑)

そして、カタヤマさんのカタヤマスピリッツ!は今年も11月に。

これからも体力の続く限り(^^)
ライブやって行きたいですねー。


□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


あとはわたしの月の予定の多くを占めている
セッションにもちょっと触れまして
エンディングに向かっていきたいと思いまーす。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-30 13:49 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その13

その1:http://funkyakuma.exblog.jp/13339307/
その2:http://funkyakuma.exblog.jp/13340001/
その3:http://funkyakuma.exblog.jp/13344947/
その4:http://funkyakuma.exblog.jp/13345683/
その5:http://funkyakuma.exblog.jp/13349299/
その6:http://funkyakuma.exblog.jp/13352156/
その7:http://funkyakuma.exblog.jp/13361612/
その8:http://funkyakuma.exblog.jp/13365524/
その9:http://funkyakuma.exblog.jp/13371341/
その10:http://funkyakuma.exblog.jp/13373702/
その11:http://funkyakuma.exblog.jp/13382466/
その12:http://funkyakuma.exblog.jp/13402337/

**********


●FSSCとの関わり

mixi内にあります
巨大セッションサークル
FSSC(Free Soul Session Club)

http://mixi.jp/view_community.pl?id=72266

そこの基本行事たる、定例に出た事無い(!)のに
浅からぬ交流のあるサークルですが
たまにFSSCとの関係を聞かれることがあるので
(きっと不思議に思ってる人もいると思うので)
いい機会なので書いてみます。

元々はそのFSSCの発起人たるConyさんや
今はUSAにいる、うるまんがランタンに遊びに来てくれて
その時『これこれこういうコミュをやってるんです』という
話は聞きまして、気にはしておりました。

でも、決定的だったのはtakettieさんと出会ったことですね。

takettieさんと出会ったのは
前の会社で一緒に働いていたニョリさんから
『ちょっとベース弾いてちょうだい』と言われ
行ったバンドでドラムとして来ていたのがtakettieさん。
で、そこでもFSSCの話を聞き『あー知ってますヨ!』っと。
それで、とりあえずコミュに参加。
そしたらそれからしばらくして、ちょうどFSSCの番外企画が
新大久保の『水族館』で行われたので
その日は空いていたので参加してみました。

その時、シーナさんとかveoronicaとかグッチさんとかとは知り合いに。

で、定例の行われる第四土曜日というのは
わたしの場合、出勤日なので参加出来ず。。。
でも、たまにある番外編の時には参加させてもらってて
うるまん企画のヤツとか
(ここでIRON MAIDENのThe Trooperをやって
超!盛り上がったのが鋼鉄セッションの始まり(^^))
『パーエン』こと『Perfect Angel』とか
『BEST HIT USA』とかネ。

ムトウさんとか、みほりんとかも
このFSSCの番外編で出会ったのがきっかけで
その後のSMOやらみほBANDへと続くのでした。

あと忘れられないのは【Cream Girls】という
その名もズバリ【Dream Girls】のカバーバンド(^^)
たしかFSSCの中のバンド企画ライブで登場したのですが
あれは演出も凝ってて面白かった!!
無理かもしれないけど、また再現してみたいものの一つです。

でも最近はすっかりご無沙汰で
鋼鉄セッションしか出てないものですから
それが本職だと思っている人もいるかもしれない(苦笑)
なので、来月あたり初の定例に参上しようかなーなんて考え中★
(有給残ってたかなあ。。。)

まあ、その時はヨロシクお願いします(^^)


●Prince Tribute~Micheal Jackson Tribute~SMO

次はムトウさん関連ですね。
ムトウさんとの一連のライブも忘れられません。

ムトウさんと初めてお会いしたのは、FSSCではなく
ランタンSBCのメンバーが『番外編』として
今は無い青山のお店でジャムセッションをやっていたころ
tamarindaさんと一緒にBUDDY GUYのバックバンドの
メンバーを連れて来店。
そのセッションが異様に盛り上がって(^^)
その時にアイサツしたのが最初。

で、FSSCのうるまん企画の番外編で再会。

もうその頃からJBやってらっしゃいましたネ。

ちなみにその頃のムトウさんのバックコーラスをやっていたのが
遼ちゃんとか、みほりんとかでして
(Brand New Sistersだっけ?)
それが縁で2人は知り合ったんだっけかな。

で、ムトウさんの話を聞くうちに
(そういうのムトウさん、上手いんだ!(笑))
わたしはそれまで食わず嫌いだった
『Prince』が大好きになってしまって
ある時期、寝ても覚めてもPrince状態(苦笑)
そして、その愛を成就すべく(?)
Princeのトリビュート・ライブを行ったのでした。
(弁天だった。)

http://funkyakuma.exblog.jp/5657189/

たーぱんに会ったのはこの時が初めてだったなあ。

それが縁でムトウさんがJB以外のものをやる時は
わたしがやらせてもらうようになりまして
この後、西荻のterraで
1部Prince/2部Micheal Jackson/3部JB
みたいなライブがあり

http://funkyakuma.exblog.jp/5934352/

(その時のコーラスにうでぃが参加)

それの発展系で【Micheal Jackson Tribute】!!!

http://funkyakuma.exblog.jp/6461502/


そして、この発展形が【Serjio Muto Organization(SMO)】になります。

SMO ではクロコで何回もやりましたー。
びゅーちとダブルブッキングで
まさぼう、マキコちゃん、わたしの3人で
吉祥寺〜渋谷をダッシュで往復したことも☆

ちなみにこのマイコーの後に年末に弁天で
円道一成さんに呼ばれてSMOで参加した際
ドラムで来たのがasmin。
そして、そこから一緒にSMOやるようになって
それがtresorと発展するのです。

そして何回目かのSMOで
コーラスとしてハマユウ姉弟登場。
後にギターのだいちゃんも加わって
Catsとはこの時からのお付き合いですね。

Catsの面々と入れ替わるように
今をトキメく、うでぃはJBTの方にも出るようになり
それからソロでライブ!!ということになり
その1stライブはわたしとasminでやらせてもらいました。

いやーーーあんなに人が入った弁天は見た事ないな。

いい思い出です。

あとギターのうっちーとか
ムトウさんのおかげで
素晴らしい出会いがたくさんありました。

今はもう手が届かなくなっちゃいまして
ご一緒することは無くなってしまいましたけど
草葉の陰から応援してますヨー。


●SHINOBU DREAMS

これはその名の通り
SHINOBUちゃんを中心としたプロジェクトのライブ。
全部で3回やりました。

http://funkyakuma.exblog.jp/6011115/

http://funkyakuma.exblog.jp/6536450/
http://funkyakuma.exblog.jp/7765687/

元々はギターのSEKIくんが
SHINOBUちゃんとライブやりたいから
ベース弾いてください!って話からスタート。
初回はドラムが中川広くんで
あとに2回はGobohさん!

わたしの方こそSHINOBUちゃんと
ライブやろう!やろう!!と言っていたので
願ったり叶ったりでした。
いやーーうれしかったもんです。
しかもGobohさんもでしたからねー。

で、コレは毎回ゲストが入っていたのですが
初回と2回目は円道一成さんがタップリとSOUL SHOWを!
(本編より長かったというウワサも(^^))
そして3回目のゲストが、カタヤマケイジさんで
これがきっかけでわたしはカタヤマスピリッツ!の
サポートをするようになるのでした。

いやーこうして振り返ると
ホント、人のつながりが人のつながりを呼んでいるのが
よく分かります。。。。

そして、段々近年に近づいてきます。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-30 03:07 | Music Life | Comments(2)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その12

その1:http://funkyakuma.exblog.jp/13339307/
その2:http://funkyakuma.exblog.jp/13340001/
その3:http://funkyakuma.exblog.jp/13344947/
その4:http://funkyakuma.exblog.jp/13345683/
その5:http://funkyakuma.exblog.jp/13349299/
その6:http://funkyakuma.exblog.jp/13352156/
その7:http://funkyakuma.exblog.jp/13361612/
その8:http://funkyakuma.exblog.jp/13365524/
その9:http://funkyakuma.exblog.jp/13371341/
その10:http://funkyakuma.exblog.jp/13373702/
その11:http://funkyakuma.exblog.jp/13382466/

**********

これからは復活後のわたしの主な
参加したものの履歴を書いていきたい思います。


●KICORIKO

SBCに参加し始めて1年くらい経ったころのわたしが
当時のSBCメンバーに誘われ1回やったライブ。

(Vo)KICO
(Vo)RIKO
(G)ハマ
(Key)大迫杏子
(Per)JIN
(Dr)尾関学
(Tb)杉山マキコ
(A-Sax)にしやん
(T-Sax)日野くん
(B)あくま

・・・だったよな(^^)

KICOちゃんはもう嫁に行ってL.A.に行ってしまいましたが
当時はまだバリバリやってるシンガーで
GREAT JELLY BEANSとかCMの仕事とかやってましたね。
そんなKICOちゃんに憧れて、りこは『RIKO』にしたとかなんとか。

あとPerのJINくんは現オルケスタ・デラ・ルス。出世したなー。

この時は『THE JB'S/Pass The Peas』から始まって
SOULやR&Bのカバーを披露。
ナタリー・コールの『Sophisticated Lady』とか
『EN VOUGE/Free Your Mind』とか
『RAD/Venus Drop』とかやったのを覚えてます。

このライブは・・・なんだか理由も分からず楽しかった(^^)
ギターのハマちゃんと両サイドで笑い合ってやった覚えが。

そして、譜面の読み方を勉強してから初の
譜面でこなしたライブでした。
だからよく覚えてるw

この時の対バンは伊勢くんのオリジナルをやるプロジェクト。
(確か『ピーカブー・プロジェクト』って名前だったハズ)
で、そのギターが山本とっしーで
本番後の打ち上げで、わたしがSOURCEの
レコーディングに関わっていたという話になったら
(にしやんがそんな話をしたんだった)
実はとっしーは当時、梶原順さんのボーヤをやっていて
そのRECのスタジオにいた!という話が判明!!
なんという偶然!!!
こうして、とっしーとは仲良くなったのでした。

復帰後の足がかり的なライブで
コレがなかったら実はびゅーちには参加してなかったかも?
単発でしたが、印象に残るライブでしたね。


●C'est La Vie

復帰の切っ掛けになった日女ちゃんのバンドのコーラスだった
つるちゃんがやっていたギター川路くんとのユニット。
わたしはサポートベーシストとして参加。
この時のドラムがイッシーさんこと石原さん。

わたしの前任者がビリー・シーンばりの4フィンガー使いで(汗)
『ホントにオレでいいの??』と何度も念を押した覚えが(苦笑)
でも、ベースを聴かせるわけじゃないから!と
ある意味開き直って、ベースラインをシンプルに構築し直して
ドライブ感重視でやりましたね。
(それしか出来ないしね)

そして、きちんと『仕事』としてのサポートは
この時が初めて(アゴ足付きのツアーはあったけど)でしたね。
元々はバンドマンだったわたしがサポート人生を歩み始める
第一歩だったと思います。

このユニットではライブを5〜6回
ワンマンを2回サポート。
その後、正式メンバーのリズム隊が入ることになり
わたしとイッシーさんは卒業。
そして、ギターの川路くんが引退したため
ユニットは解散。
現在はボーカルのつるちゃんが【RION】として頑張ってます。


http://homepage2.nifty.com/nom-web/RION/index.html


ライブ見に行ってあげなきゃなー。


●横浜秘宝館

現在も継続中
実はわたしの音楽遍歴の中でも
一番長く在籍しているバンド

【横浜秘宝館】


http://yokohama-hihoukan.com/


(Vo&G)マーベラス田中
(Vo&Cho)宮下梢
(Key)中林万里子
(Dr)藤島浩
(Tp)はるか
(B)あくま

これは元々は田中館長とふっちゃんの
2人のプロジェクトで
(『頭脳警察』を目指したらしいw)
当初は『MOON RIT』などと名乗り
まず最初のライブを横浜関内で行いまして
それはわたし、お客で見に行きました。
(その時は元FAR EAST SOULのベースの子が弾いてた)

その後、またライブをやろうという時にわたしに招集が。
そして、その時から【横浜秘宝館】となったと記憶しております。

当初は田中館長/ふっちゃん/わたし
それから現在も透明感溢れる声とボケと(^^)
田中館長の介護(?)担当の宮下梢嬢が
この初期はVo兼Keyで参加しておりまして
それにプラスゲストSAXでにしやんと
そのメンバーで初ライブが2005年の1月15日でした。
(だから初ライブから6年と7ヶ月ですね)

ちなみにわたしは最初はサポート。
でも半年後このような辞令が出まして

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

コードネーム*あくま殿

九月一日付をもって横浜秘宝館正社員として低音統括本部長に任命する。
今後は秘宝道にもとることなく俺より先に寝てはいけない俺より後に起きてもいけない飯はうまく作れいつもきれいでいろ。
虎だおまえは虎になるのだ。
                  
2005、8、31   我々は君を肯定する。                      
横浜秘宝館館長  Yass;The Marvelous;田中

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

これで晴れて正社員になったのでした☆

それから専属Keyとして伊勢くんからの紹介で中林万里子嬢が参加。
梢ちゃんはVoと介護(?)に専念。
プラスTpとしてまず元Soul Gumboのハルちゃんが参加。
(彼女は本職がデザイナーであり
秘宝館の2枚のアルバムのジャケは彼女の作なのです。)
ハルちゃんが参加出来なくなった後を引き継いだのが
現在のはるか姐さんですね。

そして現在もこのメンバーでやらせてもらってます。

そもそも【横浜秘宝館】という名前は
MOON RITの1stアルバムのタイトルだったらしいのですが
そっちの方がインパクトがあり(当然(笑))
バンド名に決まったというのが経緯です。

バンド名の由来は・・・『なんとなく』(苦笑)

現在までにアルバム2枚
今もアルバム製作中!
田中館長の温かい歌声と染みるメロディーを中心に
絶妙なバッキングを誇るバンドで『いい歌』を
お届けしております。

(コミックバンドじゃないよw)


●Sparkling Jam Cake

(Vo)MAKO
(Vo)HieTOMMY
(Vo)Junko
(Vo)IWAGE
(Sax & more)伊勢賢治
(G)タキザワユキヒト
(Key)まさぼう
(Dr)森下潤
(B)あくま

女性3人+男性1人というコーラスグループに
バックバンドという編成の【Sparkling Jam Cake】通称【スパジャム】
これもわたしの履歴に欠かす事の出来ないグループですね。

元々はひぃとみちゃんが
偶然ランタンのSBCに来たのが始まり。
その後、ちょっと彼女は通うようになって
そのうち『青学のサークルの仲間とコーラスグループでライブやりたいんですけど
・・・演奏してもらえませんか?』と伊勢くんに打診。
近くにいたわたしにすぐ話が振られてやることにw

第一回目は渋谷のALIVE HOUSEだったなあ。
第二回目以降はホームグラウンド的になる三茶のGrape Fruit Moonで。
(このグループ、ワンマンしかやったことなかった)

初期はメンバー若干違いますが
第三回目からはこのメンバーになり
以後昨年末のライブまで不動のメンバー。

SOULやR&Bのカバーが主でしたが
毎回ワンマンのため曲数が結構あって(^^)
しかも後期は『メドレー』なんてものが恒例になったため
それも含めると30曲近くになったり。

でもボーカル陣が非常に練習熱心で
こりゃー負けてられないよ!と楽器陣も奮起。
いい相乗効果で毎回気持ちのいいライブが出来ていたと思います。

そして散々練習したせいで
わたしの演奏技術はココで磨かれたと言ってもいいかも。
ドラムに対する音をおく場所とかは
スパジャムの時に研究して会得したことなので
ホント、今の基礎になってる部分が多いグループです。

おまけにメンバーみんな仲が良く
打ち上げが超楽しいグループで
未だにわたしの中ではベスト3に入るかなー。

キタアーーーーーーー!!!!(爆)

そんなスパジャムも
昨年末でIWAGEが故郷福岡に帰ってしまったので活動休止中。
(かわいい嫁さん貰いやがって・・・ブウー!w)

伊勢くん/まさぼう/潤/わたしはGolden Eggでセッションホストの他
色んなところで共演など今だに密な付き合い。

ギターのタッキーはソロアーティストとして活動中。

ひぃとみちゃんもLovetideでコーラスお願いしたりして
現在も歌ってます。(仕事忙しいみたいだけど)

Junkoことキャシャは・・・OL中か!?(^^)
たまに怪文書メールが回って来て
まさぼうを困らせてるとかw

MAKOちゃんはわたしが長い間ラブコール送ってましたが
今度11月のtresorのライブでゲストで歌ってもらうことになりました。
これは楽しみだねーー。

活動休止中ではありますが
またプラっとやるかもしれませんよースパジャムは。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-29 14:04 | Music Life | Comments(0)

やっぱり今夜はびゅーちふる

告知の通り
(しつこかったネ。。。(汗))
今夜はびゅーちふるずのリサイタルでした。


お暑い中


隅田川花火大会のある中(苦笑)


ご来場ありがとうございましたm(_ _)m


今回の3マン
イベント的にも充実してまして
トップの『青江好祐と女たち』も
(女性なのにキース・ムーンを彷彿とさせる男気溢れるプレイのドラマーさんに惚れた!)
『愛$ラブチャンネル』も
(気合いのデビルマン!と(^^)ゴリゴリのROCKサウンドにやられた!)
とてもいいバンドでサウンドチェックの時から
オオオー!今日はいいぞおーー!!と感じてた
その通りになりましたね。

そして、ワレワレびゅーちふるず。

今回はワンマン前の
景気付けということもあって
かなり熱い、ロッキンな感じで攻めましたね。


<2011.08.27>
1)Funky 朝礼〜朝ごはんの歌
2)給料日ブギ
3)残業
4)愛の事業仕分け
5)YES MAN
6)全力中年
7)びゅーちふるトゥモロー

アンコール
8)サラリーマン・エレジー


持ち時間がアンコール含めて50分と言われ
そんだったらアンコールやらないで50分やろう!
というセットリストだったのに・・・まさかのアンコール(苦笑)
燃え尽きましたヨ。。。

そして、久しぶりのYES MANの今回の餌食は・・・f50こと平野(爆)

しかも、ちょっと目立とうとしやがって!(^^)
いやいや見事なYES MANでしたよw

夢に見ないようにね☆


しかし・・・結局は花火大会に負けたかな(苦笑)
いや、それ以前の問題かw
いいライブだったのに・・・ものすごーく残念でした。
見てもらいたい気持ちが強すぎると空回りするもんですね。
今日はそれを受け止めて寝ます。。


次のびゅーちは
11/23の勤労感謝の日!!!
いよいよワンマンです!!!!!
出来ましたら・・・今からスケ帳に書き込んでやっておくんなさい!!!(^^)


★ お わ り ★


【2011年8月の注意報】
Blog:http://funkyakuma.exblog.jp/13134306/
mixi:http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1754517049&owner_id=363119

♪8/2(火)SBC:セッション@神泉ランタン
♪8/3(水)さちこJAPAN:セッション@高田馬場Diglight
♪8/4(木)西荻窪Clop Clop:セッション
♪8/6(土)スーパーセッション@ティアラこうとう
♪8/8(月)伊勢賢治:セッション@歌舞伎町Golden Egg
♪8/11(木)山岸りゅうのすけ:Live@高田馬場Diglight
♪8/12(金)Y2:ブルースセッション@歌舞伎町Golden Egg
♪8/20(土)鋼鉄セッション
♪8/20(土)永井実穂&あくま:Live@笹塚Bar Rimshot
♪8/27(土)びゅーちふるず:Live@吉祥寺Planet-K


【2011年9月の予定】
♪9/5(月)横浜秘宝館:Live@新中野弁天
♪9/6(火)SBC:セッション@神泉ランタン
♪9/7(水)さちこJAPAN:セッション@高田馬場Diglight
♪9/9(金)Y2:ブルースセッション@歌舞伎町Golden Egg
♪9/12(月)伊勢賢治:セッション@歌舞伎町Golden Egg
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-28 02:42 | びゅーちふるず | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その11

(その10からつづき)

**********


●P脱出後の音楽的趣向

話は前後しちゃいますが
Pを脱出(^^)後のわたしは
それまでのある意味義務感にも似た
R&BやHIP-HOPの新譜を追っかけたり
SOUL/BLUES系のリシューをチェックしたり
といった作業から解放されたーーーような気になり
反動からかしばらくはBLACK系はいっさい聴かず
(っていうか未だにPのモノはアレから買ってませんw)
ROCK/POPS系を充実させるべく
好きだったものを聴き直したり
足りないものを買い足したりしてました。

そして、落ち着いてからは
もう『自分の気の向くままにしよう!』と思い
鋼鉄が聴きたい時は鋼鉄。
REGGAEが聴きたいときはREGGAEと
その時々で色んな音楽を楽しんでますし
集めたいものを集めてます。

ちなみに最近はL.A. METALがブームでした(^ー^)
AUTOGRAPHは当たりだったなあー。

まだまだ聴きたいものが沢山あって
リストが増えるばかりで困ってます(^〜^ii)


●Soul Bumpin' CrewとEverybody On The Bus

さて。

話を戻しましょう。

復活後のわたしを語る上で
ぜったい欠かす事の出来ないのが
この【Soul Bumpin' Crew】と
【Everybody On The Bus】で
この二つはジャムセッションと
バンドという全然違うものなのですが
密接に関わっているものなのです。

前にも触れましたが
RIKOに呼ばれていったのが
ランタンのジャムセッション。
それはいつしか【Soul Bumpin' Crew】と
名付けられたのですが
当初は現在のホスト陣はRIKOと塾長以外
まだ立場的には『お客』で、ホストは別の人たちでした。
(ホストというより運営部と言った方がいいかな)

そして【Everybody On The Bus】
(通称:エビバス)というのは
RIKOが持ってきた羽田の京浜島にあった
イタリアレストランで毎月演奏していた
営業用のバンドのことで、メンバーは

Vo:RIKO
G&Vo:マーベラス田中
Key:大迫杏子
Sax:にしやん
Dr:藤島浩
B:あくま

こんな布陣で
SOULとかをモロモロを
エライいい雰囲気の中で(^^)
やっていたのです。
(だってお客が100%カップルw)

そのうち、先日惜しまれつつ解散した
SOUL GUMBOで忙しくなってきたにしやんの代わりに
トラでSaxを吹きに来てくれたのが伊勢くん。

リハで『これ!面白い!』を連発してた伊勢くんは
居心地がよかったのかそのまま入ることに。
きょこちゃんがダメな時は鍵盤もやってくれて
Saxが空いてる時はパーカッションやって。
今と同じだね(^^)

営業用とはいえ、これが楽しいバンドでw
RIKOのQueに全員で首を振った事件とか(爆)
『夜空のムコウ』をRIKOが『よぞらの〜♪』
と歌い始めてしまった事件とか(苦笑)
もうわたしたちとはやらなくなったRIKOでも
『エビバスならいい』って言うくらいで。

そんな感じで1年ちょっとやりましたかね。

で、【Soul Bumpin' Crew】(以後『SBC』)の方で
セッションをスムーズに行うために
ホストバンド的なものが必要だろう、という話が出たらしく
じゃあ【エビバス】でいいじゃんということになり
まずはホストバンドとしてSBCに関わることになりました。

そして今度はSBC運営部のメンバーのほとんどが
多忙で毎月出席出来なくなってきてしまったため
じゃあーとホストバンドのエビバスのメンバーのうち
わたしの伊勢くん、あと田中さんがそのままホストに昇格(?)

こうして現在の体制が出来上がったのです。

でも、この時点ではまだ仕切りはRIKOがやってて
(今じゃ信じられない(爆)どうやってやってたんだろう?w)
わたしたちはその補佐的にリズム隊の順番を整理したりとか
そんな感じだったんですけど
ある日、RIKOがどうしても遅くなる日があって
伊勢くんとわたしでジャンケンして、わたしが負けたので
しょうがなくMCをやることになりーーーでもそれがウケてしまったので
それがいつの間にか、わたしがMCをやることが当たり前になって
現在に至る・・・・と。

でもぶっちゃけ、未だに自分がMCやるのは不本意なのです。
やっぱりSBCの顔はRIKOだから。

しかし、このSBCで
ホント数えきれないくらいの体験と
人との出会いをもらいました。

まさぼうと会ったのもココだし
マキコちゃんとココで会ってなければ
びゅーちにはいなかっただろうし
他にも山ほどの出会いがありました。

あと・・・有名な話なのですが
実はわたしはRIKOに最初に会ったころは譜面が読めなくて(恥)

それがSBC/エビバスとやるうちに
『ああー!これは譜面読めないとマズイ!』と一念発起して
はじめての楽譜かなんか買ってきて
譜面の読み方を勉強して
なんとかコード譜は読めるようになったんです。
(玉譜は未だに苦手(汗))

でも譜面を読めるようになって
たくさんライブをこなせるようになったので
(今じゃ『えー譜面ないのー』とか言っちゃうw)
あの時勉強してよかったなーと。

それもSBCのおかげかなー。

それが32〜33歳くらいですから
何事も始めるのに遅すぎるってことはないですよ!と言いたいですね☆
わたしでも出来ましたから。

SBCも8年目ですか。
もうすぐ10年ですよ!!ワアーー!!

でも、末永くやって行きたいですね。
このメンバーで。


次からは復活してからわたしがやった
主な演奏活動の成り立ちとか裏話(^^)を
書いてみましょうかね。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-27 01:39 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その10

(その9からつづき)

**********


●そして復活!

今回はちょっと深い話になります。。。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ちょっと諦めかけていた音楽を
またやろう!と思った切っ掛け。

それは意外だと思いますが
2人目の子供が生まれたからなんです。


えーーー?普通、2人目が出来たら余計諦めるんじゃねーのー?


ハイ。その意見も分かります。


でも、わたしの場合はそれが切っ掛けで
また音楽やろう!と思ったのです。

その理由というのは・・・。

そのうまくいかないで悩んでいた時期に
ある日、フと気付いたんですヨ。

音楽って・・・自分のアイデンティティーなんじゃないかって。

つまり、音楽をやっていることで自信が持ててる。
だからやり続けてるーーーと。

そして、音楽出来てない今の自分は
自信が持てなくて自分をダメな人間だと思っている。

だから音楽を失うことが怖いし
そうなりそうな時に過剰に防衛しようとしてしまうし
ポリシーだのなんだの理由をつけて
他の意見から隔離しようとしてしまう・・のかな?とね。
自分の手元から音楽が逃げてしまうような気がしてね。

で、2人目の子供が出来ました。

その時、思ったんですよ。

あれ?オレ、子供2人も養って凄くない??・・・って(^^)
オレ、音楽無しでも立派にやれてるじゃん!みたいな。

そしたら、音楽から解放されたーーーいやいや
わたしが音楽を解放したんですね、きっと。

それまでの、言うなれば『共依存』な関係から
やっと『一対一』の対等な関係へと変化した
・・と言ったらいいでしょうか。


ともかくーーーそう考えたら急に気持ちが軽くなって


あっ。


また。音楽やろう。


って思ったんですよ(^ー^)


あと音楽をPLAYすることの目的も変わりまして。
これまでは自分が楽しければいい!と思っていたんですが
もう結構な歳だから、これからまた自分でっていうのは難しいかもしれない。
でも、自分はベースがある程度は弾けるから
この腕で何か人の役に立てることはないか?

そう考えて、まずはネットのメン募サイトで
ベースのヘルプを探しているところに
かたっぱしから連絡してみました。
もし、あとベースがいればライブ出来るのに!
っていうところがあれば、こんなんでよければ
お手伝いさせてもらおうかな?と。

今もわたしがベースを弾く理由はそれです。
『このベースで人の役に立てられるなら』ですね。

そうして色々当たりだした時に
ひとつの募集を見つけまして
それはプロ指向のFUNKバンドで
ベース募集!とありまして
希望者はスタジオでまとめて
オーディションします的な内容でした。

あーーここで何か手伝えるんじゃないか
っと思ったわたしは早速連絡してみまして
いざ、オーディション。
まあ腕試しというか
今の自分の実力も分かるしねーという軽い気持ちで。

高田馬場のスタジオに5人のベーシストが集まって
それぞれ2曲づつバンドと演奏ーーーという形式だったのですが
なんと・・・そこで受かってしまい。。。
(ホントは本命がいて、という状況だったらしいのに
大穴が来ちゃったワケですw)
軽い気持ちで行ったこのオーディションから
劇的にまたワタシの音楽遍歴は動き始めるのでした。。。


●人のつながりがまた人のつながりを呼ぶ

そのオーディションしたバンドは
今も付き合いのあるボーカリスト
高円寺の女王(笑)日女ちゃんのバンドだったんですが
そのオーディションの時にFunkyなキーボード
を弾いていたのが大迫杏子ちゃんで
彼女とはまた別でバッタリ会うことに。

そして、そのバンドの最初のライブにゲストコーラスで
来たのが、RIKO。

そしてRIKOと仲良くなって
『今度セッション始めるから来て』
と言われて行ったお店がランタン。

で、そこには里村塾長も居て
あとRIKOのまわりに
現在、びゅーちでも一緒な杉山マキコ嬢がいて
SAXには、にしやんがいて
顔でギター弾いてたデッカイ人が田中館長で
ドラム叩いてたのが、今も秘宝館での相棒ふっちゃん。
そこに前出のきょこちゃんこと大迫杏子ちゃんが
遊びに来て『ああーーー!!』みたいな(^^)

これが今のSoul Bumpin' Crewの原型。

今のわたしのほとんど全ては
そこから始まったのです。

そして、人と人のネットワークは
それからドンドン広がっていくのでした。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-26 01:27 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その9

(その8からつづき)

**********


●FLEX LIFEの時代

【FLEX LIFE】
flex life(フレックス・ライフ)は日本の男女二人組音楽ユニットである。1998年結成。2002年zetimaよりメジャーデビュー。現在はインディーズで活動している。

<メンバー>
・ 青木里枝(ボーカル)
・大倉健(ギター)

wikipediaより。


彼らがデビューしたのはわたしが抜けた後なので
自分の経歴の中には表立って触れてきませんでしたが
まあ、ちょうどいい機会なので書いちゃます。
(本人たちが語ることもないでしょうから)

FLEX LIFEは最初は男4人のバンドで
大倉がリードボーカル。
バンド名は大倉の発案。
『縛られない生活』みたいなニュアンス。
青木さんは、当時は大倉と付き合い始めたばかりの
単に『メンバーの彼女』でした。

(当時、大倉に彼女が出来たということで衝撃が走ったw
だって、今でいったらT木に彼女が出来たのと同じだもの(爆))

ただ、大倉の友達に江戸川俊之助くんという
ソングライターの子がいて
その子のデモで青木さんが歌ってるのを聴いて
『彼女いいじゃん!彼女、ボーカルにした方がいいんじゃないの?w』
っと冗談で言ってました。
(本人は『フロントにこだわってるから』とか分からんことを言ってたのに
フタを開けてみたら・・・(苦笑))

このバンドは・・・自分で言うのもなんですが
非常に演奏力(テクニックじゃない)が高くて
大倉が何やっても付いて行ける・・・そんな柔軟性と
幅広い音楽性を持ってました。

デモも録ったし(『FLEX LIFE』って曲だった)
プロモのビデオも撮ったり。
そのままいけばイイ感じはしてたんだけど・・・

まあ、ちょっと言い訳も入りますが
ちょうどその頃のわたしは仕事辞めて再就職して
慣れない仕事を覚えるのに必死で
おまけに初めての子供が生まれるー!って時期で
かなーーり、いっぱいいっぱい(苦笑)
元々真面目すぎてピリピリするタチだったのが
(昔はそうだったんだよーホントだよーw)
さらに増長しておりまして
『融通効かん坊』になってましたし

加えて・・・いや。書くのはやめよう。。

結果的にはある日のリハで大倉に腹を立てて
リハスタ入って5分で楽器も出さずに飛び出し
児島も引き止めてくれましたが
そのまま脱退・・となりました。

いつものことーーーと言えばそうですが
クサレ縁だった大倉との軋轢。
仕事もバンドもガッカリさせられて辞めて。。。
この時期、ちょっと音楽に対して
ある種の諦めを感じ始めてましたね。

そして悪い事は重なるもので
大好きだったニューオリンズやってたバンドも
リーダーのOが故郷に帰ることになり活動休止。。。


もーーダメかなーーなんて。。


そして、しばらく無気力な時期を迎えるのです。


●転職の時代

Pの方はすっぱり辞め
一応、音楽業界で転職探りましたが
まず給与がダメで、しかも無い
・・・だったらどこでもいいや!働ければ
と家からチャリで通える範囲で探して
見つけた最初の会社が今の勤め先(^^)

ただぜーーんぜんまったくの未経験の業種だったので
ホント、一から覚えなくてはいけなくて。
それでも頑張って半年で見積出来るようになって
1年後には自分でスケジュール組んでやり始めてました。
(ここで頑張ったから、今、自由に動ける。不思議だなあ)

そして転職して約半年でセガレ1号誕生。

この転職してから2年くらいは
今考えると激動の期間で
あらゆるものが様変わりしました。
家族が増えて
バンドは無くなっちゃったし
下北の仲間もそれそれの場所で
それぞれの人生を歩み始めていました。

音楽活動の方は
FLEX LIFEを辞めてからも
ちょっとだけライブやったりしたものの
もう、なんか諦めモードのためか
なんか上手くいかず。
結局それから4年くらいで
ライブ5本くらい?
現在のひと月分だよ(^^)
最後にやってたトリオのバンドも自然消滅。

仕事も激務だった(仕事断らなかったからねー)
ため、日々家と会社の往復で
このままフェードアウトかな・・・。
という気になったりましました。


でも


でもでも


そうはならなかったから・・・・
こうして書いてるわけなのですが(笑)


そんな状態から
ちょっとした切っ掛けで考えが変わって
また、音楽やろう!!と
強く思うようになるのでした。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-25 20:23 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その8

(その7からつづき)

**********


●Pの時代【下北沢編】

Pの時代はプレイより
レコード集めるのに夢中で
あんまりベースの練習もしない感じだったのですが
それでもちょっとはやってました。

Pに入ったころわたしがやっていたのは
アコースティック編成のフォークグループで
これは前に解散してしまった
わたしのリーダーバンドの元ギターから誘われて加入。
ここには素晴らしい歌声を持つボーカリストがいて
渋谷の今はもう無い『アピア』という
弾き語り専門のライブハウスで
レギュラーはってたんですが
天才が故というか・・・そのボーカルの
エキセントリックさにメンバーがついていけず
空中分解。。。


またか・・・・・。


で、わたしがPに入る切っ掛けになった
大倉の友達というのが
今は京都にいるHという男なのですが
この男とわたしは仲良くなってしまいまして
しかもこの男の仲間がみんな下北沢にいまして
わたしもその仲間にいれてもらい
連日のように一番街の『駅』という
絶品な焼き鳥屋で飲んでました。
(携帯のない時代にそこに行くと
誰かに連絡とれるという(苦笑))

そしてそのHの仲間の京大卒の連中のバンドの
ベースを頼まれてやったときに
ROLLING STONESの『Sympathy For The Devil』
(邦題:悪魔を憐れむ歌)
でわたしが暴れ狂ったのを見て
わたしの【あくま】というステージネーム
(最初はステージネームだったのです)
が生まれたり。

また、Hの友達で下北に住んでいた
Oという男ともまた意気投合して
一緒にニューオリンズ・ミュージックをやるバンドを始めたり。

このバンドにはお互いの彼女(そして今のお互いの奥さん)も参加してて
彼とは今でも家族ぐるみで付き合いがあるのですが
このバンドはホーーント楽しいバンドで
毎回リハが楽しみでしょうがなかったし
楽しさだけで言ったら、今でもこのバンドが
わたしの中ではNo.1です。
児島と一緒に本格的にやったのもコレが最初。

あとはHのバンドでも弾いたり。
彼もいい曲を書いてた才能あるミュージシャンだったんですが。
HのバンドでOに会うことになったんだった。
そこには大倉もいましたね。

あと、この当時わたしは
大田区の久が原というところに住んでいたのですが
たまたま知り合った人に教えてもらって
蒲田にあった『ポテトクラブ』というお店の
ブルースセッションに通うようになりまして
そこで今も役に立っている
セッションのノウハウを色々学んだんです。
そこには2年くらい毎月通ってました。
(今もあるのかなー)



そうこうしているうちにわたしに
ムクムクと下北沢に住みたい気持ちが湧いてきて
(だって、自分だけ終電の時間気にして飲むのが嫌で(^^))
ある日一大決心して下北沢に引っ越しました!

・・・引っ越しするのに一大決心なの?

っとお思いでしょうが、わたしには一大決心だったのです。


だって・・・・・・同時に結婚したんですから(笑)


この引っ越し&結婚の事実はしばらくみんなに内緒で(^^)
下北沢の251でやった前出のニューオリンズのバンドのライブの
本番前の楽屋でメンバーに発表!(笑)
そのままステージに上がってステージ上でも発表!!(爆)
会場騒然となりながら、でも皆に祝ってもらって。

a0028852_1501045.jpg


わたしたちは式は上げなかったのですが
後で仲間たちで下北の飲み屋でパーティーやってくれて
そりゃーーもう酷いドンチャン騒ぎ☆
3次会の『ベースメントバー』の前で

『では幹事、締めの挨拶を』

『・・・・・・きっきっ気持ち悪い。。。』

で締めたというOの幹事伝説を作りw・・・懐かしい。

そんな仲間たちがいた下北沢がわたしは大好きでした。
(今はもううちだけになっちゃったけどネ)


そんなある日
大倉から電話。
わたしに弾いて欲しいバンドがあるから
スタジオに来てと言われる。

それは大倉Key&Vo、児島Dr、あとGが一人
そしてわたしの4人。

このバンドが後に【FLEX LIFE】を名乗るようになるのです。



★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-25 01:39 | Music Life | Comments(0)

ワタシの音楽遍歴【あくま編】その7

(その6からつづき)

**********


●Pの時代【仕事編】

まんまと(?)Pに潜り込んだわたし。

そこは日本屈指のBLACK MUSICのレーベルでしたので
そこにあるものはわたしには『宝の山』に見えましたヨw

おまけにそこは雑誌の編集部もありましたので
そこに送られてくる最新の音源やらなんやら
ちょっと借りて聴かせてもらったり。

あと『頭おかしい』くらい専門のジャンルに詳しい(^^)
人たちが集まっていましたので
それぞれでその人たちに色々教えてもらったり。
今も持っている音楽の知識は
ほとんどその会社時代に培われたと言っても過言ではありません。

ホント、色々なモノを吸収させてもらいました。

そこの中心ジャンルであるBLUESやSOUL/FUNKはもちろん
(ちょうどインヴィクタスやSTAXをやってて・・いい時代でした)
NEW ORLEANS MUSIC、REGGAE
そしてSALSA!(これはニョリさんに教えてもらったのだ★)
それから、それまではまっっったく興味のなかった
R&BやHIP-HOPまで
(最後の1年はHIP-HOPしか聴いてなかったくらい)
あるものは全部吸い取ってやろう!くらいな感じで。

特に、最初は倉庫での出荷作業係だった業務が
その前の仕事で営業をやっていた経験から
営業部に回されてからは
(最初からその予定だったらしい。
嫌々やってた営業の経験が役に立つなんて。)
お店に商品の説明をしなければいけませんので
学んで行く知識は仕事にも直結していたため
余計に色んなことを勉強してましたね。
(それこそHOUSEやTECHNOまで)

加えてPに入るちょっと前から
ベースマガジンを読み始めたわたしは
それまで入ってなかったJAZZ/FUSIONの世界にも
急激に手を染め始め
(入りだすと一気に・・.というのはこれまでを
読んでいただければお分かりだと思いますが(苦笑))
逆にその知識を持つ人が会社にいなかったため
そっち方面では制作にまでちょっと関わるように。

それが身を結んだ形が
同僚Yと呑んでる席での冗談から派生した
ベースマガジンとのコラボ企画アルバムで
各ベーシストに、ソロ曲を作ってもらって
それをオムニバスで発売するというもの。

この時のメンバーが超豪華で
チャック・レイニーやジェリー・ジェモット
わたしの敬愛するジョージ・ポーターJr.や
元祖スラップベーシストのラリー・グラハム
BNHのアンドリューやSTEVIE WONDERの
バンマス、ネイザン・ワッツとか。
憧れのウィリー・ウィークスの録音は日本でやって会いに行ったり。
(物覚えのものすごい悪い人だった(苦笑))

ある時はネーザン・イーストに録音を頼もう!と
Yと2人して大崎簡易保険ホールのFOUR PLAYの楽屋に潜入!(笑)
ネーザンに接触するも、ネーザンの奥さんの反対であえなく撃沈w
(ジャケがさ・・・・エロかったんだよね(苦笑))

ある時はマーカス・ミラーに接触しようと
方々で伝手を探していたYが
ウェルドン・アーヴィン
(知る人ぞ知る名キーボーディスト)
に相談したら

『 なぬー!オレに任せろ!なんたってマーカスはオレの生徒だったからな!』
(マーカスやプージーやバーナード・ライトは子供の頃
ウェルドン・アーヴィンからJAZZを習っていたそう)

と豪語して、しばらくしてからのマーカスの来日公演。
Yが楽屋にマーカスに会いに行って
自己紹介したら『キミがFamous Y※K※か!!』と笑われ
話を聞くと、来日前に深夜、ウェルドン先生から電話がかかってきて
寝ぼけ気味のマーカスに向かって

『オイ!マーカス!!ジャパンに行ったらY※K※に会え!
いいか!Famous Y※K※だぞ!!!』

とだけ言って電話を切ったそう(爆)
で、あの電話は何だったんだろう・・と思って日本に来たら
目の前にFamous Y※K※が現れたと(笑)

そんな話が山ほどあって。
(当然書けない話も(苦笑))
あの時は仕事と遊びが一緒な感覚でした。

その後も、じゃあ日本人編をという話から
岡沢章さん/富倉さん/水野正敏さん/江川ほーじんさん

そして・・・青木智仁さん

そんな豪華な人たちと一緒に仕事出来て
特に青木さんとはSOURCEにも関わったことで
今は無い六本木PIN INNの裏の炉端焼き店で
よくご一緒させていただきました。(・・朝まで)

この時は結婚したばかりだったから27〜28歳くらい。
そんな若造にも全然壁を作らず接してもらって
(上に上げた方々みんなそうでしたが。一人を除いて(笑))
人気の秘密は腕だけじゃないんだな・・としみじみ思いましたよ。

この時色々聞いた話が
今でも自分がプレイするときの
心構えとして生きてますね。

そんな感じで仕事としては充実していたのですが
・・・・働く環境は最悪で。
今考えても『会社としての体』を成していなかったと。
とにかく酷かったです。

そんな不満を溜めてる中
妻が妊娠したことが切っ掛けで
約5年勤めたその会社を辞めることに決めました。。。

29歳の春のことです。


★ つ づ く ★
[PR]



by funky-akuma | 2011-08-24 17:51 | Music Life | Comments(0)

Bassistあくまの日々をぶっちゃけ
by funky-akuma
プロフィールを見る
画像一覧

CONTENTS

【Profile】
下北沢在住Bassist。
Soul/Funk系中心ですが
タテでもヨコでも
ノリはおまかせ!
ってな感じで
好きなものなら
何でもOK!な
単細胞ミュージシャン。

【あくまの音楽履歴】
http://funkyakuma.exblog.jp/13731219/

***********
mixi:
ID=363119
HNは【あくま】です★

Twitter:
http://twitter.com/funkyakuma

Facebook
http://facebook.com/funkyakuma

以前の記事

2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

最新のコメント

ええええ!!そうなんです..
by funky-akuma at 12:29
うちの相方も、先日、手術..
by 赤めがね at 20:01
きよぴーさん。 コメン..
by funky-akuma at 16:00
ご無沙汰しておりますm(..
by きよぴー at 13:03
貴重なお話ありがとうござ..
by funky-akuma at 11:58
お疲れ様です。本日「O」..
by kuroneko-st at 08:42
コメントありがとうござい..
by funky-akuma at 13:55
こんにちわ。 本店。 ..
by さらパパ at 14:13
おーーかえるちゃんも!!..
by funky-akuma at 02:34
わ〜♪ 私も今年でブロ..
by かえる at 02:47

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
早朝ライブ
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの9月
from まさぼうの「つれづれてます」
トラ してまいりました
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの6月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの4月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの1月
from まさぼうの「つれづれてます」

検索

ファン

ブログジャンル