Sympathy for the Devil

<   2015年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧




2015年12月のあくま注意報★

 年末までのライブ/セッションの予定です。

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・

a0028852_11211360.jpg


●12/21(月)SHIRO meets SAYU-MIN Blues Rock Jam@西荻窪Terra

西荻窪Terra
杉並区西荻北3-22-20 坂巻ビル1F 0333957611
http://www.wood-corp.com/terra/

open 19:00 start 19:30~ (2stage)
charge ¥2500+1drink

Vo.さゆみん★たいらー
Gt.谷川史郎
Gt&Vo.マツモトIchiloh
Dr&Vo.丹菊正和
B.あくま

Special Guest Gt&Vo.松川純一郎

=谷川史郎さんを筆頭に豪華メンバーさんでのBlues Rockなライブです。そしてゲストに松川純一郎さん!!嬉しいデス☆パワーのあるベース持っていかないと(笑)

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・

●12/22 (火)ゴージャスセッション@下北沢Music Island O
http://o.organiq.biz/
=ジャンルフリーなJAMセッションです。19:30頃スタート / チャージ¥2000(見学無料・生ビール500円~☆)Dr.Goboh鈴木、G.堀田篤、B.あくま。そしてゲストボーカルにutakoさん!!自由に参加くださーい。 

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・

●12/25(金)マクランドLive@下北沢CCO

http://www.cotoc.co.jp/toppage.html
=出演:マクランド/ササキオサム。START 20:00~。CHARGE:前売 ¥3,000-/当日 ¥3,500-(+2drink ¥1.000-) ※SOLD OUT マクランド2015年最後のライブはなんと!!かのMOONCHILDのササキオサムさんとの2マン!!自分たち主催なのにアウェイだという(苦笑)今回はアコースティック編成でお贈りします。

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・

●12/26(土)弁天紅白歌合戦@新中野弁天
http://www.benten55.com/map.htm
=毎年恒例!の弁天紅白。今年はなぎちゃんたちとの「ハマダナギバンド」とこれまた恒例の「テツジャガーズ」で出演いたしまーす。

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・

●12/27(日)びゅーちふるずLive@吉祥寺Planet-K
http://inter-planets.net/
=Planet-Kでの忘年会的ライブに、お祭りバンド(笑)びゅーちふるず出演させていただきまーす。出演が豪華!!ALLaNHiLLZ/太田克樹/ササキオサム/THE STEPHANIES/TIMESLIP/中尾諭介&ニックバッカーズ/びゅーちふるず/ミサイルイノベーション。16時スタート。前売り3000円。びゅーちは大トリ務めさせていただきまーす★ひゃあーー!!

=・=・=・=・=・=・=・=・=・=・


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-31 23:59 | Information | Comments(0)

今年もお世話になりました!

これからバタバタしますので少々早いですが。

みなさま今年もお世話になりました。

大小色々、新しいことを始めた一年でありました。

まだまだ中途半端なオトコではありますが、B型らしく(笑)また少しずつマイペースで進んでいきたいと思いますので、引き続き2016年もヨロシクお願い致します。


2015.12.31
あくま

a0028852_16343334.jpeg

[PR]



by funky-akuma | 2015-12-31 16:33 | Music Life | Comments(0)

151230:【読み返し】恩田陸/夜のピクニック

a0028852_03341486.jpeg

第二回「本屋大賞」を受賞した、北高で毎年行われる24時間かけて80キロを歩く「歩行祭」での様子を西脇融(とおる)と甲田貴子の2人の視点で描く青春小説。わたしにとっては恩田陸ファーストタッチの作品でした。
何気なく買って何気なく読んでみたら、正にその時の自分が抱えていた葛藤をズバリと描いた、「読むべきして読んだ」運命を感じた一冊です。
「歩行祭」というイベントの様子をつづりながら、この作品の本当のテーマは「許し」。
とある事情から反目しあっていた主人公2人がお互いに心を開き、一歩成長する様子が恩田陸独特の繊細な語り口でもって優しく表現されていて、最後にポワっと、強くはないけれど温かそうな光が灯るーーーそんな素敵な読後感を持っている本だと思います。
読み返してみて、改めて、ただ長距離を歩くというある意味変化の乏しい行為を一つの長編小説にまで作り上げた作者の表現力に脱帽でした。登場人物の心理描写が本当に繊細だし、また情景を語るときの表現力が素晴らしいのです。
そして、実はこの作品が恩田陸ワールドの中ではちょっと異端な作品だということにも気がつきます。
この作品を読んで以降、その恩田陸ワールドの方も大好きになって他の作品も沢山楽しんでいくのですが、やはりこの作品を読んだ時の清々しい感覚はスペシャルで、忘れられないと思います。

★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-31 03:32 | BOOK | Comments(0)

151230:【読み返し】辻村深月/スロウハイツの神様

a0028852_15034284.jpeg

新進気鋭の脚本家 赤羽環が集めた、若者のカリスマ作家チヨダコーキを中心にクリエイターを志すメンバーが暮らすアパート「スロウハイツ」での人間模様。

初めて読んだ辻村深月作品でしたし、今まで読んだ本で好きだった本を読み返そうと思った時にこれは絶対読もう!と決めていた、たぶんわたしの中でもベスト3に入る大切にしたい一冊です(上下巻だから2冊か★)

事あるごとに言っていることですが、本を読んでーーーというか実生活ででもーーーこんなに泣いたことはありませんでした。

登場人物のカルテを一枚一枚読んでいくような上巻。

そして小さな伏線が集約され、その真相が全て明らかになる下巻。

特に真実の後ろにもう一つ大きな真実ーーーそれは大きな大きな愛ーーーがあったという演出には震えるほど涙しました。。

今回読み返してみて、真相が分かっているから余計に一つ一つのエピソードが胸にグッときて、最後はやはり涙腺崩壊。。。予防線張って、結末はひとり部屋に篭って読みました(苦笑)いいオヤジが恥ずかしい。。

でもいい感動に巡り合えるというのは、とてつもなく素晴らしい宝なんだと思えた作品でしたね。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-30 15:01 | BOOK | Comments(0)

151228:【読み返し】伊坂幸太郎/終末のフール

a0028852_11091989.jpeg

忙しくてなかなか読み進められませんでしたが、やっと再読完了。

8年後に地球に小惑星が落下してしまうーーーと発表されてから5年。混乱状態から、世間が少しだけ落ち着きを取り戻した頃の、仙台のある団地に残る人々のそれぞれの小さな物語。

わたしはこの作品が大好きなのです。

根底には「後3年で地球の人類は滅びてしまう」という事実を抱えながらも、そこからそれぞれの幸せを見つけていくーーーそのなんとも言えない暖かいエピソードの数々が、ほんのりとした感動を胸に残してくれます。

そこにあるのはーーー家族愛。

エンターテイメント性の強い「陽気なギャング〜」や「ゴールデンスランバー」「グラスホッパー」なんかも伊坂幸太郎の魅力ですが、この作品や「死神の精度」「バイバイ、ブラックバード」などの淡々としていながら、なんだか静かな感動を味あわせてくれる作品もやはり伊坂幸太郎の魅力だな、と思います。

読み返してもまた感動を味わえる。。。長く大事にしたい一冊です。



★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-28 11:04 | BOOK | Comments(0)

151219:【読み返し】伊坂幸太郎/死神の精度

a0028852_20571276.jpeg

あなたの周りで一週間も雨が続く中、ミュージックショップの視聴機の前にずっといる人物を見かけたりしたら、それは死神かもしれません。。。

「うちに2冊あったからあげる」と友人にもらった6つの短編からなる作品。

「対象者と一週間接触して、可か見送り(生死)かを決める死神」という設定からしてもうドキドキしてしまいます。

そしてその死神「千葉」。数ある伊坂幸太郎作品に登場するキャラでも一二を争う強烈なインパクトを持った人物と対象者との一週間の交流が描かれています。

何もいいことがないと人生を諦めている女性。任侠を貫こうとするやくざ。吹雪で孤立した洋館で起こる連続殺人事件。対象者の男性と彼が片思いしている女性との恋愛ストーリー。殺人犯の若者との旅物語。そして唯一、千葉の正体に気がつきながらもそれを受け入れる老女。。。

その語り口、そしてストーリー展開。読み始めたら止まらなくなって一気に読んでしまいます。

そして、「ハッ」っと文字どおり息を飲んでしまった最後の2ページ。。この衝撃から、わたしは伊坂幸太郎作品を集め始めてしまい、それが「本を読む」ということの魅力にハマっていったのでした。

久しぶりに読み返してみて、やはり短いながらもそれぞれの話は魅力的で、とにかく千葉の存在が素晴らしい。あのちょっとズレた受け答えにクスっとなりながらも、時々おっ!っというような深い台詞を吐いたり。

最後の衝撃は読み返しでは薄れますが、途中のストーリーはより一層楽しめた気がします。

続編の「死神の浮力」もいい作品でした。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-19 20:55 | BOOK | Comments(0)

151216:【読み返し】伊坂幸太郎/チルドレン

a0028852_14012975.jpeg

わたしの伊坂幸太郎ファーストタッチ。今もわたしの読書世界を広げてくれる友人が貸してくれたのがきっかけです。

形態的には「短編集」ですが、それぞれの話はつながっているので「短編集の形をした長編」と言った方がいいと思います。

これを読んだ時は、その語り口と登場人物のキャラ設定、そしてあっ!と言ってしまう伏線の回収と、わたしにはとても新鮮に感じられました。

特にぶっ飛んでいる天才(笑)「陣内」でしょう!伊坂作品にはこういう変な(でも妙に説得力のある)理屈をこねるキャラが出てくるのも特徴ですね。

読み返してみて、短いながらも伊坂幸太郎ワールドのエッセンスが凝縮された一冊だと思い、最初にこれに出会えたのは幸運だったと思います。

そして、これで伊坂幸太郎に興味を持ったわたしは、次読んだ本で衝撃を受けて作品をコンプリートしてしまうまでハマってしまうのでした。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-17 13:57 | BOOK | Comments(0)

151212:【読み返し】重松清/日曜日の夕刊

a0028852_00420248.jpeg

「きみ去りしのち」を勧めてくれた友人が、次に勧めてくれたのがこれ。僕が重松清作品で一番好きな短編集です。

どこにでもいる普通の人におこる、ちょっとした事件。でもそこからちょっとだけ何かに気がついて一歩前に進むーーそんな登場人物の姿になんだかホッコリさせられるのです。

そしてここに登場する何人もの父親。これが。。。嫌なんですよねーー感情移入してしまって(苦笑)痛いヤツーーだと思いつつも「分かってやれよ!」っと応援したくなったり(笑)重松清の話ではホントよくそんな気持ちになります。

12話あるうちの好きな話は、ちょっと自分にも思い当たる節があって笑えない(汗)「チマ男とガサ子」

電車に置き忘れられた一本のカーネーションとそこに居合わせた3人の物語「カーネーション」(最後の2ページでホロリときます。。)

そして、少年野球の監督をしている父親と息子の話「卒業ホームラン」。。

他にもーーいい話ばかりで、いつ読んでもいいな、と思ってしまいます。

たぶん10年後も読んでると思われる一冊です。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-13 00:39 | BOOK | Comments(0)

151210:【読み返し】重松清/きみ去りしのち

a0028852_02375189.jpeg

「旅をしている」ーーで始まる幼子を亡くした男と10年前に別れた娘との巡礼の物語。

淡々と・・淡々と、静かに.「死」というものに対する、それに向き合う人たちの様々な感情や思いが綴られていきます。

読書に目覚めた僕に、読書家の友人が薦めてくれたのが百田尚樹の「永遠の0」とこの本でした。

この、読み終わった後のなんとも言えない胸の奥に残る小さな灯火ーーその今まで味わったことのなかった感覚が、さらに僕の読書への興味を深めたキッカケになりました。

しかし、その後「流星ワゴン」などの重松清作品をたくさん読むことになるのですが、今回改めてこれを読み返してみて、この物語が重松清の中ではちょっと異端な作品なんだと気付かされます。

作者にとっても何か「書かなきゃいけなかった」一冊だったのかな。

9つある話の中で、僕は第3章と第6章が好きですね。

大感動作ーーーではないのですが、堪えきれずに涙してしまう、そんな一冊でした。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-11 02:35 | BOOK | Comments(0)

151206:コモルオトコ



 土日は昼間の仕事は休みでしたが、工房のお仕事などがたまっていたので、ほぼおうちに籠っておりました。(油そば食べに出かけたか!w)

 相変わらず黒いTシャツに白い文字を印刷する方法を模索中。。。設備(台)があれば楽なんだけどなーーと思い、だったら自作するか!とまた手間がかかることを考える(笑)

 めざせ!ロケット品質(?)!!w

 新しい版の作り方を開発したりと準備に時間がかかってましたが、そろそろGO!していいもの作ろうと思います。

 あと怪我していた指が治ったので、ベースのリハビリ。これも始めるといつの間にか時間が経っているものです。

 読書熱も相変わらず。現在「森博嗣/S&Mシリーズ」コンプリート計画中ですが、年内いっぱいはこれまでで読んで面白かった本をもう一度読み直そうと思います。(なかなかそんな機会がないので)

 そんな中、日曜日の夜は最近お世話になってる下北沢の「Music Island O」の忘年会セッションに顔を出してきました。

 いやーーしかし、すごい大盛況で後で聞いたら130人くらい集まったそうです。

 だって酸素が薄かったもんな(笑)

 プレイヤーさんもたくさんいた中、1曲だけ弾かせてもらいました。

 ちょっとやりかけの案件があって途中で失礼しましたが、いい会でしたねー。

 勇気くん、みゆきちゃん、お疲れさま★

 これからのお店の繁盛、願ってます。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2015-12-07 18:05 | Music Life | Comments(0)

Bassistあくまの日々をぶっちゃけ
by funky-akuma
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

CONTENTS

【Profile】
下北沢在住Bassist。
Soul/Funk系中心ですが
タテでもヨコでも
ノリはおまかせ!
ってな感じで
好きなものなら
何でもOK!な
単細胞ミュージシャン。

【あくまの音楽履歴】
http://funkyakuma.exblog.jp/13731219/

***********
mixi:
ID=363119
HNは【あくま】です★

Twitter:
http://twitter.com/funkyakuma

Facebook
http://facebook.com/funkyakuma

以前の記事

2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

最新のコメント

ええええ!!そうなんです..
by funky-akuma at 12:29
うちの相方も、先日、手術..
by 赤めがね at 20:01
きよぴーさん。 コメン..
by funky-akuma at 16:00
ご無沙汰しておりますm(..
by きよぴー at 13:03
貴重なお話ありがとうござ..
by funky-akuma at 11:58
お疲れ様です。本日「O」..
by kuroneko-st at 08:42
コメントありがとうござい..
by funky-akuma at 13:55
こんにちわ。 本店。 ..
by さらパパ at 14:13
おーーかえるちゃんも!!..
by funky-akuma at 02:34
わ〜♪ 私も今年でブロ..
by かえる at 02:47

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
早朝ライブ
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの9月
from まさぼうの「つれづれてます」
トラ してまいりました
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの6月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの4月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの1月
from まさぼうの「つれづれてます」

検索

ファン

ブログジャンル