Sympathy for the Devil

カテゴリ:BOOK( 117 )




[181015] 池井戸潤/下町ロケットゴースト&ヤタガラス

a0028852_12181464.jpg

わたくしも大好きな『下町ロケット』の続編。ドラマも始まりましたね。

ドラマ前に1話分程度読んで、ドラマを見て、続き1.5冊分を一気に読むという、ちょっとアクロバティックな読み方になりました。おかげで寝不足です(笑)

でも、今回も佃製作所が熱い!!読む手が止まりませんからっ!!(笑)

また今回も、様々な難題が登場人物たちにふりかかります。そのあたりの『困難』の設定の絶妙さは、さすがの池井戸潤。

そして、一見、関係なさそうな殿村のお父さんが倒れたことなどが、後半にむけて全て繋がって大きな仕事になっていくのがドキドキさせられました。

特に今作は「大企業の論理」というものが対立軸になってますね。その理不尽さ数々に思わず「吉川晃司(大前)がんばれ!」と拳を握ってしまいます(笑)

ただ、基本「勧善懲悪」ですが、単純な善悪ではなく、悪にも事情があってそれはそれで必死に生きている・・・という視点で描かれていないところが、話をより深めているんだなと思います。(ドラマだと、そのあたりが「単純な二極化」にされているところがいつも不満ですが)

そして、なんといっても最後の佃社長の行動・・・この素晴らしさからくる清々しい気持ちは、この作品の大きな魅力ですね!時間かけて読んでよかったと心から思いました。(阿部寛が演説ぶってる絵が見えますよ(笑))

これは2冊を続けて読むことをオススメします!!!素晴らしいっ!!!


★ お わ り ★

[PR]



by funky-akuma | 2018-10-16 12:18 | BOOK | Comments(0)

[180916] 坂木司/ホテル・ジューシー

a0028852_12384502.jpeg


読んでみたかった坂木司作品を。


『和菓子のアン』が好きで、もっと他の作品もと積んでいたのですが、これもまたいい話で心が洗われた気分です。


大家族の長女・大学生の「柿生浩美」は、卒業旅行の資金を貯めるべく行った、石垣島のホテルでのバイトを満喫していましたが、そこのオーナーからの頼みで、那覇の「ホテル・ジューシー」というところへ助っ人へ向かうのでした。でも、そこはユルイ人たちばかりで、生真面目なヒロミは憤りの連続。。。


これも『和菓子のアン』と同じく「日常にあるミステリー」的な坂木司の特徴的なストーリー。


でも、その謎解きがメインではなく、その中から見える、本当の人の思いやりとか優しさとかがストーリーの柱になっているところがいいですね。


-


まーしかし、この主人公の「ザ・長女」的思考が思い当たることがいっぱいあって(わたしも長男なので(笑))感情移入というか、イライラしたり(笑)


それだけ人物の描き方が秀逸なんですねどね。


そんな堅いヒロミの人柄が、沖縄の大らかな人たちの影響で少しずつ角がとれていく様が、こちらの心の角もとれていくようです。


とにかく、読むと「ポーク」が食べたくなります(笑)


そして、最後にこれが同作者の『シンデレラ・ティース』とリンクしていることが判明!


そうとわかったら読まずにいられませんな(笑)



★ お わ り ★


[PR]



by funky-akuma | 2018-09-16 12:36 | BOOK | Comments(0)

[180903] 恩田陸/夢違

a0028852_13021915.jpeg


【私的恩田陸文庫補完計画】42作品目はSFミステリー。


以前、北川景子主演でドラマ化されたものの原案ということでしたが、本当に「原案」で(苦笑)別物と思った方がいいですね。


でも、これがまー恩田陸らしい、謎が渦巻くちょっとホラーちっくなミステリーなのです。


いやーー面白かった。恩田陸ワールドをたっぷり味わえました。


人の見た夢を「夢札」として視覚的に見ることが出来るようになった近未来。


ある日、ある小学校の1クラスの生徒が集団で白昼夢を見るいう事件が起こります。


夢札を見て、その夢の意味を解析する「夢判断」の野田浩章は、その事件に関わることになるのですが、そんな折、10年以上前に事故で亡くなったはずの、自分の兄の婚約者であり、伝説的な予知夢を見る女性ーーー結衣子の姿を見かけます。


そして、夢札を追ううちに、結衣子に結びつく場所、奈良の吉野へと向かうのでした。。


「夢札」「夢判断」ーーーこういった謎なワードが出てきたところでもう、イメージを刺激しまくる恩田陸ワールドですねえ(笑)


夢を映像で見る・・・なんて想像するだけでも、ワクワクさせられるような怖いような。


そして「予知夢」という能力を持ってしまった女性の葛藤と悲しみ。。。


この作品は、恩田陸にしては珍しい「純愛」を感じました。最後の締め方がすごく好きですね。


でも「あの話はどうなったの?」というツッコミは無しということで(苦笑)(その辺も恩田陸らしいですな(笑))



[PR]



by funky-akuma | 2018-09-04 13:00 | BOOK | Comments(0)

[180818] 伊坂幸太郎/火星に住むつもりかい?

a0028852_14183377.jpeg



これも読みたかった伊坂幸太郎の文庫新刊。


タイトルから、ほのぼのした話を連想しておりましたがトンデモない!まったく真逆の「ゴールデン・スランバー」を彷彿とさせるエンターテイメント作でした。


テロ犯罪を未然に防ぐという名目で設立された「平和警察」による、魔女狩り的な逮捕/拷問/公開処刑が行われるようになった日本。その年、平和警察設置の「安全地区」となった仙台でも、無実の人たちが密告と過酷な拷問により危険人物として処刑されていました。


そんなある日、その平和警察に盾突き、逮捕された人物たちを救出するという行動を起こす「黒ずくめの男」が現れ、その男を捕まえるため東京から警視庁特別捜査室の『真壁鴻一郎』やってくる。。。


何回も言ってますが、伊坂幸太郎という人はデビュー作の『オーデュポンの祈り』から、「悪人」を描くのが非常にうまいーーーというか、心の底から憎んでしまうようなキャラクターを作り上げるし、また彼らの行動が非情かつ残酷。


そしてこの作品では、そんな悪人が何人も登場しますし、ホント最後の最後まで気分の悪い展開がつづくのです。


でも、最後は伊坂幸太郎らしいドンデン返しと伏線の回収!・・・・ただ、初期の作品のような爽快感はここにはありません。


それは「正義とは何か?」という答えの出ない問い掛けが、根底として残っているためだと思います。


非常に面白い!ーーーでも、読むのは楽しくはない作品だと思いました。



[PR]



by funky-akuma | 2018-08-19 14:16 | BOOK | Comments(0)

[180815] 原田マハ/モダン

a0028852_20325602.jpeg

原田マハのアート系の短編集。

「モダン」というタイトルが示しますように、ニューヨーク近代美術館(MoMA)
の別称【ザ・モダン】に働く人たちを登場人物にしています。

最近、筆の熱意にムラを感じる原田マハですが、さすがにアートの話になると書きたくてしょうがない!といった感じで、その温度の高さにこちらもワクワクさせられます。

9/11や3/11の話題を絡めてしまうのは正直もう食傷気味なので、読み始めに「ンンン」と思ってしまいましたが、ここではアートが中心にあるためかその語り口も抑えめで邪魔にならない程度で、結果気持ちよく読み終われました。

原田マハファンとしては、ティム・ブラウンが登場するのが嬉しいですね!

これを読むと、美術館ーーー出来ればMoMAにーーー行ってみたくなります。

そしてやっぱり原田マハの短編はいいな~と思える1冊でしたね。


★ お わ り ★

[PR]



by funky-akuma | 2018-08-18 10:31 | BOOK | Comments(0)

[180814] 辻村深月/家族シアター

a0028852_18170512.jpg

やっと読めました辻村深月の「家族」をテーマにした短編集。

コレが素晴らしくよかった。。。

誰もが身に覚えがありそうな設定の中での、それぞれの登場人物の感情の動きがひしひしと伝わってきて、どのストーリーにも感情移入してしまいました。

特に最後の「タマシウム・マシンの永遠」!!!!

このお話を読むためだけに手にとって欲しいと思うくらい、胸を打たれました。

それは僕も祖母にひ孫を見せてあげたいと思って、子供を作る決心をした経緯があるからかもしれません。

今子育て中で悩みを抱えている方に、ゼヒ読んで心を軽くしていただきたいなーなんて思います。

そう。タマシウム・マシンはもう、あるんです。

しかし、辻村深月。こんなに深いストーリーが書ける作家になったんだ・・・と感激してしまいます。

ちょっと重松清の「日曜日の夕刊」を思い出しました。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2018-08-17 18:17 | BOOK | Comments(0)

[180813] 恩田陸/ブラック・ベルベット

a0028852_19441708.jpeg

【私的恩田陸文庫補完計画】

本来ですと42作品目に行きたいところですが
どうにも早く読みたくて
順番飛ばして読んでしまいました文庫の新刊。

『MAZE』『クレオパトラの夢』に続く
オネエ言葉を使う、キレる「男」
プラントハンター<神原恵弥>
を主人公としたミステリー作品です。

これはーーー面白い!!!
『蜜蜂と遠雷』よりずっと恩田陸らしい1冊です。

今回の舞台はトルコはイスタンブール。

リスクのないドラッグと言われる「DF」を追い
「アンタレス」と名乗る謎の人物に言われるまま
イスタンブールまでやってきた恵弥。
そして、ついでにと捜索を頼まれた
失踪したアキコ・スタインバーグ博士が
恵弥の目の前で殺害され
そこから恵弥、MAZEに登場した「時枝満」
そして、恵弥の元恋人(!)「橘浩文」を絡めて
謎を追う旅が始まります。

相変わらず強烈なキャラの恵弥。
オネエなのは言葉使いだけかと思いきや
実はバイセクシャルだったというのが衝撃ですが(笑)
脇を固める登場人物たちも十分に個性的で
こんなにキャラが立った小説というのも
恩田陸作品の中でも飛び抜けていますね。

そしてトルコの風景を感じながらの謎・謎・謎!!!
相変わらずストーリーの中に謎を散らすのがうまいです。

そして、珍しく終わり方もキレイ!!!(笑)
いつになくスッキリとしたエンディングで
上記の2冊を含めておススメしたいシリーズです。

次も・・・あるに決まってるわよねえ!!(笑)


★ お わ り ★

[PR]



by funky-akuma | 2018-08-16 19:42 | BOOK | Comments(0)

[180807] 津村記久子/やりたいことは二度寝だけ

a0028852_10545710.jpg

ずっと演奏案件に集中していて読書出来てなかったのですが、やっと余裕が出来て読むことが出来ましたーーうれしい!

大好きな津村記久子の読むのを心待ちにしてましたエッセイが、文庫化されましたので早速。

津村記久子・・・・天才です(笑)

恩田陸を筆頭に、作家というのは膨大な読書量の上に立っているような人が多いように感じるのですが、津村記久子がスペシャルなのはその「視点」だというのが改めてわかります。

普通あんな「メモする紙」だけで、熱く語れないですよ(笑)

あの「ツムツムワールド」の思考の端っこに触れたような(笑)そんな気になる楽しい一冊です。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2018-08-08 10:55 | BOOK | Comments(0)

[180711] 本を読むオトコ:恩田陸/私の家では何もおこらない

a0028852_11191831.jpg

音楽つながりの方々には
あまり興味ない世界でしょうが
一部で(笑)リクエストがあるもので
(こっそり「あのレビュー好きなんです」
と言われるのはなぜだろう?(笑))
一応載せちゃいますブックレビュー。

・・・

『恩田陸/私の家では何もおこらない』

【私的恩田陸文庫補完計画】41作品目は
それぞれの話につながりがある
「幽霊屋敷モノ」連作短編集。

恩田陸、ホラー作品はあれど
幽霊屋敷モノは意外や初でしたね。

恩田陸が短編はあまり得意ではないのは
読んでいてもわかる(笑)のですが
(本人も認めているし)
実は連作短編になると
俄然クオリティーが上がる印象。

有名なところだと「光の帝国」!!!
あれは素晴らしい一冊でした。
あと、コメディの「ドミノ」とか
全てが会話で成り立っている
「Q&A」もそうでしょうか。

というわけで今作も
非常に楽しめた一冊でした。

特に奇をてらってもいない
オーソドックスな
「幽霊屋敷モノ」だと思いますが
(僕は映画「家」を思い出しました)
そこは恩田陸ですので
あの語り口で持って
イメージ豊かに読ませてくれます。

最後にゾクっとくる「私は風の音に耳を済ます」と
ちょっとユーモラスでもある「俺と彼らと彼女たち」が
特に印象的でした。

作者の「幽霊屋敷作品・愛」が溢れた一冊でしたね。


★ お わ り ★
[PR]



by funky-akuma | 2018-07-12 11:18 | BOOK | Comments(0)

[180416:BOOKS] 恩田陸/訪問者

a0028852_09420322.jpeg




【私的恩田陸文庫補完計画】38作品目はミステリー。


-


【あらすじ】湖畔の山荘を訪ねる、井上と長田。そこでは亡くなった映画監督「峠昌彦」に関するインタビューを関係者におこなうことになっていたが、予定外の訪問者と死体の出現、そして悪天候によってその館から動けなくなってしまう。。


-


これ!!!面白かったです!!もう大好き!!(笑)


-


「湖畔の山荘」「謎の死をとげたカリスマ経営者」「あまり仲がよくなさそうなその兄弟」「怪しい死をとげた映画監督」「何か企てているらしき主人公」「謎の手紙」「幽霊」「謎の死体」・・・ミステリーの定番要素がふんだんに詰め込まれております。


-


シュチュエーションとか、登場人物構成なんかからして、同作者の「木曜組曲」を彷彿とさせます。


-


そして、恩田陸らしく話が進むごとに謎が膨らんでいき、本当の「訪問者」の出現でガラっと話の流れが変わっていく様がタマりません。


-


ボリュームも重くなく、軽くなく、ですので「恩田陸ミステリー」を初めて楽しむにもオススメ出来る一冊ですね。


[PR]



by funky-akuma | 2018-04-17 09:41 | BOOK | Comments(0)

Bassistあくまの日々をぶっちゃけ
by funky-akuma
プロフィールを見る
画像一覧
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

CONTENTS

【Profile】
下北沢在住Bassist。
Soul/Funk系中心ですが
タテでもヨコでも
ノリはおまかせ!
ってな感じで
好きなものなら
何でもOK!な
単細胞ミュージシャン。

【あくまの音楽履歴】
http://funkyakuma.exblog.jp/13731219/

***********
mixi:
ID=363119
HNは【あくま】です★

Twitter:
http://twitter.com/funkyakuma

Facebook
http://facebook.com/funkyakuma

以前の記事

2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
2004年 08月
2004年 07月
2004年 06月

最新のコメント

ええええ!!そうなんです..
by funky-akuma at 12:29
うちの相方も、先日、手術..
by 赤めがね at 20:01
きよぴーさん。 コメン..
by funky-akuma at 16:00
ご無沙汰しておりますm(..
by きよぴー at 13:03
貴重なお話ありがとうござ..
by funky-akuma at 11:58
お疲れ様です。本日「O」..
by kuroneko-st at 08:42
コメントありがとうござい..
by funky-akuma at 13:55
こんにちわ。 本店。 ..
by さらパパ at 14:13
おーーかえるちゃんも!!..
by funky-akuma at 02:34
わ〜♪ 私も今年でブロ..
by かえる at 02:47

最新のトラックバック

venuscozy.co..
from venuscozy.com/..
www.whilelim..
from www.whilelimit..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
早朝ライブ
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの9月
from まさぼうの「つれづれてます」
トラ してまいりました
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの6月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの4月
from まさぼうの「つれづれてます」
鍵盤弾きまさぼうの1月
from まさぼうの「つれづれてます」

検索

ファン

ブログジャンル